CB750Fが最新技術で蘇る。ホンダが『CB-Fコンセプト』をホームページで世界初公開

 3月27日、ホンダは『第36回大阪モーターサイクルショー2020』と『第47回東京モーターサイクルショー』に出展を予定していたコンセプトモデル『CB-Fコンセプト』をホームページで世界初公開した。

 ホンダ二輪の“CB”シリーズは、ブランド誕生から60周年という節目を2019年に迎えた。今回公開されたCB-Fコンセプトは、そんなCB誕生60周年の節目を機に、改めてCBシリーズの歴史を振り返るものとして誕生した。

 ホンダを代表するスポーツバイクであるCBの“守り抜くこと・変革すること”が社内で徹底的に議論され、導き出された提案のひとつが、このCB-Fコンセプトだ。

 CB-Fコンセプトは、CBが誇る60年という歴史の中で、ブランドの盤石化に寄与し、レースシーンなどでも活躍した日本発のグローバルモデル『CB750F(輸出モデル:CB900F)』に敬意が込められている。その外観は、CB750Fのデザインモチーフが踏襲されながらも、中身は現代の最新技術が注ぎ込まれたチャレンジングなモデルへと仕上げられた。

ホンダCB-Fコンセプト
ホンダCB-Fコンセプト

 スポーティだが、どこかレトロチックに感じられるデザインのバイクには、伸びやかな吹け上がりと、力強いトルクを持つ水冷4ストロークの直列4気筒998ccDOHCエンジンが搭載された。

 フレームは軽量な高張力鋼のモノバックボーンを採用。足回りには、フロントに市街地からワインディングまで路面追従性に優れた倒立フォーク、リヤにアルミ製の軽量片持ちスイングアームのプロアームが採用されている。

 ホンダは、このCB-Fコンセプトをはじめ、大阪・東京モーターサイクルショーで展開を予定していたブースや、さまざまなカテゴリーの二輪車を『Hondaバーチャルモーターサイクルショー』としてWEBサイト(https://www.honda.co.jp/motorcycleshow/)で公開している。

 3月27日より公開されているホンダバーチャルモーターサイクルショー。新型コロナウイルスの影響で中止となってしまったモーターサイクルショーをバーチャルで楽しんでみてはいかがだろうか。