元F1レーサー、ミカ・サロの長男・マックスが日本でレースデビュー!監督には元F1レーサー井出有治が就任

■ミカ・サロ選手の長男、マックス・サロ選手が日本でPSCJに参戦

●チーム監督も元F1レーサー・井出有治が就任

1991年から日本でレースに参戦、F3、F3000を経た後に1994年には鈴鹿でF1デビュー。トヨタF1などにも乗り、そして2002年の鈴鹿でF1を引退…という、日本とも縁が深いレーシングドライバー、ミカ・サロさん。長男のマックス・サロ選手が、ポルシェカレラカップジャパン(PCCJ)につながるスカラシップの一環として、2020年のポルシェスプリントチャレンジジャパン(PSCJ)に参戦することになりました。

マックス・サロ選手は18歳、2019年にフィンランドF4でレースデビューしたばかり。

マックス・サロ選手
マックス・サロ選手

GT3チャレンジカップの流れを汲むポルシェスプリントチャレンジジャパンは5大会9レースで戦われるシリーズ戦。ポルシェのワンメイクレースではステップアップカテゴリーとして世界8か国で開催されています。

フィールドマネージメント・レーシング ポルシェ718ケイマンGT4・クラブスポーツ
フィールドマネージメント・レーシング ポルシェ718ケイマンGT4・クラブスポーツ

マックス・サロ選手の起用を決めたのは、2019年にチームを立ち上げたフィールドマネージメント・レーシング。2019年はSUZUKA10Hのサポートレースとして行われたポルシェスプリントチャレンジジャパンで、こちらも元F1ドライバーであり我がclicccarのテストドライバーでもある井出有治さんがチーム立ち上げのアドバイザー兼ドライバーとして参戦し、チームとしてのデビューを飾っています。

フィールドマネージメント・レーシング ポルシェ718ケイマンGT4・クラブスポーツ
2019年鈴鹿10Hのサポートレースでレースデビューを果たした、フィールドマネージメント・レーシング ポルシェ718ケイマンGT4・クラブスポーツ。ドライバーは井出有治選手でした

そのフィールドマネージメント・レーシングが今年2020年のポルシェスプリントチャレンジジャパンにフル参戦をするために起用したドライバーが、マックス・サロ選手となります。

元F1ドライバーの井出有治監督
clicccarテストドライバーも務める元F1ドライバーの井出有治さんが監督に就任です

チーム監督には昨年のポルシェスプリントチャレンジジャパンでフィールドマネージメント号をドライブした井出有治さんが就任。誕生したばかりのチームと新人・マックス・サロ選手の育成を担っています。

フィールドマネージメント・レーシング ポルシェ718ケイマンGT4・クラブスポーツ
2020年のカラーリングが施された、フィールドマネージメント・レーシング ポルシェ718ケイマンGT4・クラブスポーツ

血統と経験という二つの要素を強く結びつけ2020年のチャンピオンを目指していくフィールドマネージメント・レーシング。

マックス・サロ選手のPSCJデビューレースは3月29日に岡山国際サーキットで行われる『岡山チャレンジカップレース』(※開催予定:3月26日現在)。マックス・サロ選手の活躍と井出有治監督の采配に注目です。

テスト中オマックス選手
2019年末、ドライバーオーディション中のマックス・サロ選手

(文:松永 和浩/写真:H@ty・フィールドマネージメントレーシング)