MotoGP:スペインGPの延期が決定。代替日程は未定、併催のMotoE開幕戦にも影響

 FIM(国際モーターサイクリズム連盟)、IRTA(国際ロードレーシングチーム連盟)、MotoGPを統括するドルナスポーツは3月26日、スペインのヘレス・サーキット‐アンヘル・ニエトで5月1~3日に開催予定だったロードレース世界選手権MotoGPスペインGPの開催を延期することを発表した。

 この決定は新型コロナウイルスの感染拡大が続いている状況を踏まえたもの。FIMとIRTA、ドルナスポーツによる話し合いの結果、再度日程を調整する必要があったためスペインGPの延期が決断された。

 新型コロナウイルスの感染状況は常に変化しているため、スペインGPの新しい日程は、イベントを開催できる時期が明確になるまで確認できないことから今回発表はされていない。

 また、MotoGPと併催のFIMエネルMotoEワールドカップ(MotoE)はスペインGPで開幕する予定だったため、当初第2~4戦として認証されていたMotoGPのタイGP、アメリカズGP、アルゼンチンGPの延期には影響がなかった。しかし、今回スペインGPの延期が発表されたことでMotoEの開催も先送りとなった。

 さらに、MotoEは4月8~10日にヘレス・サーキット‐アンヘル・ニエトで2回目の開幕前テストが予定されているが、このテストも行われないことが決定している。

 ロードレース世界選手権は、3月6~8日の第1戦カタールGPでシーズン開幕を迎えている。しかし、この大会も新型コロナウイルスの影響で、最高峰のMotoGPクラスは開催を中止され、下位クラスのMoto2、Moto3クラスだけが実施された。

 今回のスペインGP延期により、次戦は5月15~17日にル・マン-ブガッティ・サーキットで開催されるフランスGPとなる見込みだが、この大会の開催も延期される可能性があるだろう。改訂されたカレンダーや追加情報は、決定次第発表される予定だ。

■2020年MotoGP開催スケジュール(3月26日発表時点)

Round グランプリ サーキット 決勝レース日
第1戦 カタール ロサイル・インターナショナル・サーキット 3月8日
第2戦 スペイン ヘレス・サーキット‐アンヘル・ニエト 5月3日(延期)
第3戦 フランス ル・マン-ブガッティ・サーキット 5月17日
第4戦 イタリア ムジェロ・サーキット 5月31日
第5戦 カタルーニャ カタロニア・サーキット 6月7日
第6戦 ドイツ ザクセンリンク 6月21日
第7戦 オランダ TT・サーキット・アッセン 6月28日
第8戦 フィンランド キュミリング 7月12日
第9戦 チェコ ブルノ・サーキット 8月9日
第10戦 オーストリア レッドブル・リンク 8月16日
第11戦 イギリス シルバーストン・サーキット 8月30日
第12戦 サンマリノ ミサノ・ワールド・サーキット・マルコ・シモンチェリ 9月13日
第13戦 アラゴン モーターランド・アラゴン 9月27日
第14戦 タイ チャン・インターナショナル・サーキット 10月4日
第15戦 日本 ツインリンクもてぎ 10月18日
第16戦 オーストラリア フィリップ・アイランド・サーキット 10月25日
第17戦 マレーシア セパン・インターナショナル・サーキット 11月1日
第18戦 アメリカズ サーキット・オブ・ジ・アメリカズ 11月15日
第19戦 アルゼンチン アウトドローモ・テルマス・デ・リオ・オンド 11月22日
第20戦 バレンシア リカルド・トルモ・サーキット 11月29日

■2020年MotoE開催スケジュール(3月26日発表時点)

Round グランプリ サーキット 決勝レース日
1 スペイン ヘレス・サーキット‐アンヘル・ニエト 5月3日(延期)
2 オランダ TT・サーキット・アッセン 6月28日
3 オーストリア レッドブルリンク‐シュピールベルク 8月16日
4&5 サンマリノ ミサノ・ワールド・サーキット‐マルコ・シモンチェリ 9月12~13日
6&7 スペイン リカルド・トルモ・サーキット 11月28~29日