前後同時録画が可能なドライブレコーダー「200-CARDR001」が発売

■別売のケーブルで駐車監視にも対応

以前お伝えしたように、前後2カメラのニーズが高まっている中、サンワサプライは、日中・夜間でもフルHDの高画質録画が可能な前後2カメラのドライブレコーダー「200-CARDR001」を発売しました。価格はオープン(サンワサプライの直営サイトで19,800円)。

サンワサプライ ドライブレコーダー
前後2カメラ式の「200-CARDR001」

フロントカメラに夜間でもクリアな映像を録画できるソニー製の裏面照射型画素技術「STARVIS」を搭載。夜間の動画もクリアに録画することができます。「STARVIS」は、監視カメラ用途であるCMOSイメージセンサー用です。

撮影モードは、「常時」「イベント録画」「イベント手動録画」「駐車録画」の4モードを用意。フロントカメラには、フルカラーの2.7インチモニターが搭載され、撮影した動画の再生も可能です。フロントカメラは、水平119°、垂直62°、対角146°。リヤカメラは、水平45°、垂直90°、対角170°で、前後共にフルHD録画になります。

サンワサプライ ドライブレコーダー
フルカラーの2.7インチモニターが付くフロントカメラ

また、GPSで走行速度や位置情報も録画データと同時に記録されます。専用ソフト付きなので、パソコンにインストールすれば、記録した映像をパソコンで確認可能。映像音声だけでなく、Gセンサーの情報や地図上での走行軌跡もソフト上で確認できます。

ほかにも、カード容量がいっぱいになると古い録画データから上書きして新しいデータを記録するループ録画機能が搭載され、LED信号機も点滅することなく録画できます。

さらに、別売の駐車監視録画ケーブル「200-CARDROP001」を使えば、エンジン停止後でも車両バッテリーとつなぐことで駐車中の録画にも対応します。

(塚田勝弘)