〈スズキ・ジムニー/シエラ JB64・74〉リフトアップ量0インチ。快適な純競技マシン| カスタム

上げるだけがチューニングじゃ無い

東西の人気峠を激走 THE BEST SUSPENSION of JIMNY

Final BEAST

ファイナルビーストというと、個性的なドレスアップ車両をJB64/JB74で展開しているが、実はもう一つの面がある。
それは、フラットダート系の常勝マシンを製作するマシンビルダーでもあること。
今回、取材する2台の車輌の内、この車輌はまさにそのフラットダートをターゲットとした車輌だ。

様々なショップがリフトアップ前提でチューニングを行なっているが、ファイナルビーストが手掛けるこのサスペンションは0インチアップ。
走るステージがフラットであれば、ストロークアップは必要無い。
それどころか、重心位置が高くなることはデチューンでしか無い。モータースポーツの理念から考えると最も理にかなっている。

実際にこのマシンに乗ってみると、曲がる。
それも、快適でありながら、スポーツの域を超えた速度域で曲がる。
路面のつなぎ目があるコーナーに、ちょっといえない速度で飛び込んでみたのだが、何事もなくいなしてくれる。
このポテンシャルは凄い。
そして、ゆっくり乗ってみると、肩肘張らずに乗れて快適。
しっとりとしたフィーリングは、かなり好感が持てる。
その上、減衰力調整式のB-TRACTIONは、乗り方に合わせてかなりフィーリングを変えることができる。
純正とは特性が全く違うZEROスピードコイルと、B-TRACTION調整式ダンパーの組み合わせは、街乗りから、競技スピードまでを網羅する0インチリフトの凄いやつだ。


車高がノーマルと同一でも、纏っている雰囲気が全然違う。


乗り降りを快適にするサイドガードステップ。オフロードでのサイドシルガードやロックスライダーとしても使用できる作り。


ブリスター形状のオーバーフェンダーはスクエアなデザインのJB64/74にジャストフィットだ。

注目の足まわり B-TRACTION


レイアウトこそノーマルと同一だが、このサスペンションパッケージのポテンシャルは別格。車高が上がっていないことで選択肢から外すのはもったいない。ストイックにスピード系の性能を求めるユーザーは一見の価値がある。さらに、普段使いで全く不自由なく快適に乗れる乗り心地も特筆ものだ。

JB74W JIMNY SIERRA

【Exterior】
サイドガードステップ:5万5000円
クラッシュフェンダー:7万3000円
フロントエクステンション:9500円
リアエクステンション:9500円

【Suspension】
B-TRACTION:5万2500円(1本)
ZEROフロントアーム:4万円
ZEROリアアーム:4万円
ZEROスピードコイル:2万5000円(1台分)
ステンレスメッシュロングブレーキホース:1万6000円
ステンレスラテラルロッド:1万8000円

【Tire&Wheel】
レイズ・A-LAP-J 5.5J×16
ヨコハマ・ジオランダーMT 185/80R16

※価格はすべて税別です

ファイナルビースト


大久保豪真さん
ZEROスピードコイルとB-TRACTIONの組み合わせは、車の印象を根本から変える。車高こそ上がっていませんが、上げる必要がないと思えるほどの性能と感動をこのパッケージングは味合わせてくれます。一度乗って体感してみてください。

問ファイナルビースト
電話:075-972-6017
URL:https://www.final-beast.com

ハイパーレブ Vol.241 スズキ ・ ジムニー & ジムニーシエラ No.6(2019/12/26)より

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]