北欧でも新型コロナウイルスの影響色濃く。デンマークの市街地戦”クラシック”が2021年に延期

 世界的な感染拡大が続く新型コロナウイルス(COVID-19)の影響により、2020年に初年度シーズンがスタートする予定だったTCRデンマークの開幕戦ユランズリングが、当初の4月18〜19日から5月2〜3日に延期されることが決定した。さらに5月15〜17日予定の第2戦『クラシック・レース・オーフス』と名付けられたSTCCスカンジナビアン・ツーリングカー選手権、PureETCR(ピュアETCR)併催の市街地戦は、主催者により「2021年まで延期する」との苦渋の決断が下された。

 デンマーク第2の都市、ユランズに位置するFDMユランズリングのサーキット部門長であるベティーナ・エングホルムは、昨今の新型肺炎流行と国・自治体の対応策を鑑み、シリーズ創設初年度のカレンダーで開幕戦のポジションを務めながらも「難しい判断を下す必要があった」と説明した。

「私たちは、この現状が観客とコンペティターの双方に引き起こす可能性がある健康上の問題に対して、明らかに落胆を感じていますが、この先も状況を注意深く観察、監視し、地域の公式な勧告に従っていきます」

「デンマークのモータースポーツ・カレンダーには多くの関係者が参加しており、調整は簡単なものではありませんでしたが、新たな日付はその後のレース間にも充分なインターバルを残すことができています」

 暫定的に5月2〜3日のスロットに移動した開幕戦ユランズリングだが、週末のレースフォーマットは変更されず、スーパーGTデンマーク、デンマーク・エンデュランス・チャンピオンシップ、DS3カップ、スペシャル・サルーンカーに加えて、TCRデンマークの開幕戦が争われる。

「ファンとエントラントの健康と福祉は私たちの最大の関心事です。コロナのパンデミックが継続した場合、私たちは必要なことをする準備ができています」

 一方、第2ラウンドとしてストリートレースを開催する『クラシック・レース・オーフス』の主催団体は、この世界的緊急事態の余波を受け「2020年の開催を断念し、来年まで延期する」ことをアナウンスした。

TCRデンマーク初年度シーズンには、元F1ドライバーのヤン・マグヌッセンも参戦予定
ホンダ、VW、セアト、アルファロメオ、プジョーなど初年度から多彩な車種が揃った

「市街地コース設営の難しい部分ではあるが、来年までレースを延期しなければならないのは大変な決断であり、しかしそれ以外の選択肢は残されていなかった」と語るのは、大会ディレクターのポール・ダルスゴーア。

「すべての開催可能性を日々模索していたが、今年中にレースを開催するというプランを維持することはできなかった。クラシック・レース・オーフスで最も重要なことは、ファンやゲスト、ドライバー、パートナー、サプライヤー、そして1000人以上が参加する素晴らしいボランティアたちの安全なんだ」

 一方、TCRデンマーク・シリーズの責任者であるマーティン・ジェンセンは、この決定を受け「世界とモータースポーツが現在置かれている状況を充分に理解しているが、レースを2021年に延期するというクラシック・レース・オーフスからのニュースを受け取ったことは、とても残念である」と語った。

「そのため、2020年の初年度に可能な限り魅力的なカレンダーを維持できるよう、代替案の検索と策定に引き続き取り組んでいるところだ」

 従来からクラシック・カーのイベントとして開催されてきた首都コペンハーゲンでの名物イベントは、こちらも発足初年度となるフルエレクトリック・ツーリングカー・シリーズのピュアETCR第3戦と、隣国スウェーデンを中心に北欧地域をカバーするSTCCがジョイント。TCRデンマークとしても全7戦の年間カレンダーでハイライトのひとつに位置付けられていた。

 さらに、デンマーク政府が海外渡航と入国の制限を4月13日まで延期したことを受け、FDMユランズリングで4月1〜2日に実施される予定だったプレシーズンテストの開催日が、4月16日に移動したことも発表されている。

従来からクラシック・カーのイベントとして開催されてきた首都コペンハーゲンでの名物イベントは2021年開催を目指すことに
併催を予定していたSTCCや、2020年ラウンチのPureETCRもカレンダーへの影響が出ている