ワーゲン(ビートル)が曲中に登場し、オシャレで多くの人に愛されていた!と実感できる5曲

●海の香りと彼女とのデートを想起させる曲ばかり

50歳の筆者にとって、80年代のポップスは自分の音楽の中の原点とも言えます。クルマの名前が曲中に登場するといえば、山口百恵さんのプレイバックport2の「真っ赤なポルシェ」が有名ですが、自分が聞いていた音楽の中では、ワーゲン(たぶんビートルのこと)が頻繁に登場していた気がしていました。

改めてライナーノーツを見直して見ると、やっぱりワーゲンが登場する曲があり多くの人に愛されているのだと実感しました。

そこで今回は、50歳の筆者が良く聴いていた曲の中からワーゲンが登場する80年代の懐かしい5曲を紹介します。

ザ・ビートルの外観02
ザビートルカブリオレのフロント&リア

まずは、大瀧詠一さんの1981年に発売されたアルバム「A LONG VACATION」に収録された「雨のウェンズデイ」です。作詞は松本隆さんで、曲の冒頭に〜壊れかけたワーゲンのボンネットに腰かけて〜と登場します。壊われかけたというほど長くワーゲンと付き合っていることがイメージできます。

ザビートル外観03
ザビートルのフロントマスク

松本隆さんが作詞された曲の中には「雨のウェンズデイ」だけでなく、1982年に発売された松田聖子さんのアルバム「Candy」に収録された「星空のドライブ」でも曲の冒頭に〜青いワーゲン幌を外して〜とカブリオレのワーゲンが登場します。この「星空のドライブ」も「雨のウェンズデイ」もカップルがドライブするシーンが歌われています。

ザビートル外観04
ザビートルカブリオレのサイドビュー

続いては、1984年に発売された杉山清貴&オメガトライブのセカンドアルバム「RIVER’S ISLAND」に収録されているアルバム名にもなっている「RIVER’S ISLAND」です。作詞は秋元康さんで、曲の冒頭に〜ウィンカーランプ壊れた古いワーゲン〜と出てきます。ウィンカーランプが壊れてしまうと、整備不良でキップを切られてしまいますが、ワーゲンだと味わいがあると思えてしまいます。

ザビートル外観05
ザビートルカブリオレのエリアビュー

杉山清貴&オメガトライブの所属レコード会社はVAPですが、同じレコード会社の80年代を代表するアイドル、菊地桃子さんの1984年に発売されたファーストアルバム「OCEAN SIDE」では2曲にワーゲンが登場します。

ザビートル外観06
ザビートルのリアスタイル

まず、1曲目は佐藤純子さんが作詞した「SHADOW SURFER」です。曲の冒頭〜よく見かけるワーゲンには外したのね自慢のボードを〜と登場。気になる男性がサーファーで愛車がワーゲンという湘南の雰囲気満点です。埼玉が実家だったので、湘南の海に憧れたのを思い出します。

ザビートル外観07
ザビートルカブリオレのフロントスタイル

そして、もう一曲は「RIVER’S ISLAND」を作詞した秋元康さんが手がけた「EVENING BREAK」です。こちらも曲の冒頭に〜カブリオのワーゲンが通り過ぎて〜と登場します。ちょうど夜のとばりが落ち始める夕方に街を歩いているとワーゲンのカブリオレが通り過ぎるという何気ない設定ですが、甘い声で歌われるととろけそうになってしまいます。

こうしてみると、作詞家やレコード会社に傾向はありますが、ワーゲン(ビートル)がどれだけ愛されていたのかが改めて実感できますし、久しぶりにこれらの曲を連れてドライブに出掛けたくなりました。

(文:萩原文博、写真:フォルクスワーゲン日本)