「車いす」も自動運転の時代。空港で実証実験が進む新サービスとは?

●JALやANAが実用化を目指す空港内の新しい移動手段

自動運転車いす
ANAが羽田空港で行った自動運転車いす実験の様子。写真は報道関係者向けデモ走行で、車両には関係者が乗車

「自動運転」というと自動車をイメージしがちですが、実は高齢者や障がい者の方々が使う「車いす」の分野でも自律走行技術の開発が進んでいます。

ここでは、空港での活用を目指した大手航空会社の実証実験を例に、その潮流を紹介しましょう。

自動運転車いす
羽田空港の実験に使われた自動運転車いす。乗客が搭乗口まで移動した後は、自律走行で帰還することができる

●自動運転化した電動車いすを羽田空港で実験

JAL(日本航空)は、11月2日・3日の2日間、東京・羽田空港で「自動運転型電動車いす」の試験走行を実施しました。これは、高齢者や障がい者、怪我などで足が不自由な方々などが、空港内で移動するための新サービスとして実用化を目指しているものです。

電動車いすメーカーの「WHILL(ウィル)」などと共同で行われたこの実験では、WHILLが製作した電動車いす「WHILL Model C(ウィル・モデル・シー)」をベースに、自律走行が可能な機能を搭載した車両が使用されました。

自動運転車いす
電動車いす「WHILL Model C」をベースに、センサーやカメラなどを搭載し自律走行を実現

主な技術としては、左右アーム部分に装備した広い視野角のステレオカメラや、後方のセンサーなどで周囲の人や物体を検知。また、それら情報と事前に登録している空港内の地図情報と照らし合わせることで、安全な自動走行を可能としています。また、操作は全てスマートフォンで簡単にできるほか、操作スティックを使えば手動運転も可能です。

自動運転車いすのスイッチ
スマートフォンの画面をタップするだけで操作できるため、誰にでも簡単に扱えるのも注目点

実験は、羽田空港第1ターミナル南ウイングにある3-9番搭乗口とコンコース間で実施。車いす利用者を含め空港内での長距離歩行に不安を感じる高齢者など、一般からの参加者が実際に試乗。体験した30代から80代までの十数組からは、「旅行はしたいが長い距離を歩くのが大変なのでうれしい」など、概ね好評な感想が出たようです。

●成田空港でも1人乗りモビリティで実験

一方、ANA(全日本空輸)でも、2020年2月27日から28日に成田国際空港で同様の実験を行っています。こちらは、クルマの自動運転開発も手掛ける企業「ZMP(ゼット・エム・ピー)」が開発した1人乗りモビリティ「RakuRo(ラクロ)を使用しました。

自動運転車いす
成田空港の実験に使われた1人乗り用モビリティRakuRo

レーザー照射で人や建物など物体を検知する3D LiDARやステレオカメラ、リヤカメラなどを搭載するほか、空港内の地図情報なども活用しています。こちらも、操作はスマートフォンを使って直感的に行うことができます。

自動運転車いす
フロントカウル上端に搭載したLiDARなど、クルマにも使われる技術の投入で、高度な移動制御が可能

関係者のみで行われた今回の実験は、一般客が行き交うターミナルビル内で実施されました。人混みの中でRakuRoは、決められたルート上にある人や障害物などを検出し、必要に応じて自動停止したり、回避するなどで安全性の高さを証明したそうです。

●大規模空港は移動距離が長いことが問題点

ターミナルビルなどの施設が大きい羽田や成田などの国際空港は、飛行機に乗るまでの移動距離が長く、行き交う人で混み合っているのが常です。そんな中で、旅行の荷物を持っての移動はとても大変でもあります。特に、高齢者や障がい者、子供連れの旅行客などの中には、移動することが困難な方々もいるでしょう。

自動運転車いす
ターミナルビル内の移動は距離が長いなどの理由で、高齢者の中には普段は車いすを使っていなくても、空港では使用する人も多いという

これら実験は、そういった方々に、大規模空港内でスムーズかつ快適な移動を提供することが目的です。近年、車いすの自動運転化は、そういった車やバス、タクシーなど既存の交通機関を降りて、飛行機に乗るまでの「ラストワンマイル」、約1km圏内の新しい移動手段として注目を浴びています。

また、一般道と違い、クルマや自転車など他の車両との事故やトラブルが起きにくいのも導入を進めやすい要件のひとつだと言えます。

羽田空港
自動運転車いすは、空港のエントランスから搭乗口までの移動手段として注目されている

●空港だけでなく、様々な施設での活用も期待される

もちろん、今までも空港では車いすは用意されていました。ですが、従来の手押しタイプの場合は、車両を押すなど利用者を介助するスタッフや、使用済み車両の回収などに人員やコストがかかります。航空会社では、近年の人手不足や人的コスト削減も見据えて、自動運転車いすの導入を目指しているという背景もあります。

手押しタイプの車いす
従来からある手押しタイプの車いすでは、介助するスタッフが必要など、人員やコストがかかることも自動運転車いす導入の背景だ

ちなみに、前述のWHILLでは、羽田空港以外でも、北米や欧州など全5カ所の国際空港で同様の実験を行っており、2月には英航空会社ブリティッシュ・エアウェイズがニューヨークのジョン・F・ケネディ空港で試験導入を開始。高齢者や障がいを持つ方などの空港内での移動に関する問題も、今やグローバル化しているようです。

さらに、同社では将来的に病院やテーマパークなど、他の施設での利用も視野に入れています。一方のZMPのRakuRoも、活用先を空港だけに限定していません。ホテルやショッピングセンターなど、やはり様々な施設での利用を視野に入れており、2020年5月より、受注先の企業などへの出荷が開始されます。

自動運転車いす
空港だけでなく、様々な施設での活用を目指しているRakuRo(写真はイメージ。写真提供:ZMP  撮影協力:成田国際空港)

空港はもちろん、様々な施設で自走する車いすの姿を目にする機会が増えるのは、そう遠い将来ではなさそうです。

(文:平塚直樹/写真:ZMP、平塚直樹)