スーパーGT公式テストが岡山国際サーキットで開催!【SUPER GT 2020】

●2020シーズン初の全車合同テストは無観客で開催

3月も半ばとなる14日、岡山国際サーキットにてスーパーGT公式テストが開催されました。

スーパーGT岡山テスト_002
セッションスタートと同時にコースインしていく、CLASS 1準拠のスーパーGTマシンたち

この公式テストは毎年シーズン開幕前に、その年にエントリーした全車が一堂に会する初めての場として、またここ数年は日頃応援してくれているモータースポーツファンとの交流の場となるファン感謝デーとして開催されてきました。

スーパーGT岡山テスト_003
CLASS 1規定準拠に伴いFR化されたNSX-GTは当然ながらフロントにエンジンがある

ところが今年は新型コロナウイルス感染拡大予防の観点から、残念ながらファン感謝イベントは中止され、テストのみの開催となりました。

2020シーズンにエントリーしたGT500、GT300合わせて45チームに、日産NISMOのGT500開発車両230号車を合わせた46台が、岡山国際サーキットに勢揃いし、午前2時間、午後には今季からスーパーGTに導入されるFCY(Full Course Yellow、レース中に危険回避のためコース上での走行車両の追い越し禁止と制限速度が設定される)練習と各クラス専有時間を含めた2時間15分の走行が行われました。

スーパーGT岡山テスト_004
今シーズンも多くのルーキードライバーや、スーパーGTに復帰したドライバーたちも多く、日本の選手層の厚さが感じられる

まだ開幕前ということで、カーボン地のままのマシンや、毎年このテストでしか見られない限定カラーリングを纏ってのマシンなどが、限られた時間や時折雨の降るコンディションの中でそれぞれのメニューを消化していきました。

スーパーGT岡山テスト_005
GT300マシンと混走する230号車NISMO開発車両
スーパーGT岡山テスト_006
カラーリングされていない22号車X WorksのAUDI R8 LMS
スーパーGT岡山テスト_007
テストといえども走りは当然本番そのもの。火花を散らすのは車だけではないはず
スーパーGT岡山テスト_010
例年恒例となっている、100号車RAYBRIG NSX-GTのテスト限定カラーが今年も登場

このテストは明日15日にも開催され、この模様はJ sportsオンデマンドにて視聴できます。まだまだ先の見えないウイルス問題、国内イベントやF1も開催中止を余儀なくされている現状ですが、関係者一同が感染拡大予防に最大限の努力と行動を起こす事で、一刻も早い事態収束と、それまでの間にも多くの方々にモータースポーツを楽しんでいただければと切に願っています。

スーパーGT岡山テスト_008
例年なら多くのファンで賑わうはずのスタンド。一刻も早い事態の収束を願います

(H@ty)