ルノーがジュネーブ・モーターショー2020でEVコンセプト「MORPHOZ」を発表! 電動化戦略の加速をアピール

ルノーはこのほど、3月3日に開幕するジュネーブ・モーターショー2020において、近未来モビリティのビジョンを示すEVコンセプト「MORPHOZ」を発表すると予告した。

トゥインゴのEV仕様「トゥインゴZE」も世界初公開

 「MORPHOZ」は今後数年のうちに登場するルノーの新しいモデルの先駆けとなるモデルで、個人のニーズや多彩な用途にパーソナライズに対応できるよう極力制限を設けない適応力を備えているという。

 同ショーにおけるルノーブースではこのほか、トゥインゴのEV仕様となる「トゥインゴZE」のワールドプレミアに加えて、ハイブリッドパワートレイン「E-TECH」を搭載した「クリオ」や「キャプチャー」、プラグインハイブリッドパワートレイン「E-TECHプラグイン」を搭載した「メガーヌ・エステート」が披露される予定。同社が促進している電動化戦略を強調する。