地中海コルシカ島をイメージした『ルノー・カングー ペイサージュ』が200台限定で登場

 本国フランスでは働くクルマの代表的存在として市民権を得る“フルゴネット”でもある『ルノー・カングー』に、フランス語で風景を意味する名称を冠したおなじみの限定車“ペイサージュ”が登場。今回はアイボリーの専用ボディカラーを採用し、2月20日から200台限定で発売開始となっている。

 日本では高いユーティリティと機能性、そして豊かなライフスタイルを具現化するマルチ・パーパス・モデルとして人気を博す『ルノー・カングー』は、フランスや欧州市場では物流を支える役割を担い、広い室内空間と高い機能性からLUDOSPACE(ルドスパス:遊びの空間)と呼ばれ親しまれている。

 その出自に加え、随所に散りばめられた遊び心のあるデザインや、機能的で使い勝手に優れたユーティリティ、広くて高い開放的な室内空間、大容量のラゲッジスペースにより、日本ではライフスタイル・ビークルとして多くの支持を集めてきた。

 そのカングーに設定された今回の限定車は、オリジナルカラーを採用する限定車第4弾として、地中海でもっとも美しい島のひとつとして知られ、WRC世界ラリー選手権のフランス戦、ツール・ド・コルスの舞台でもあったコルシカ島の最南端に位置する街、ボニファシオの象牙色の岩が織りなす絶景をテーマにアイボリーのボディカラーを採用した。

 このボニファシオは岩が波によって削られてできた断崖の絶景が特徴で、コルシカ島有数の景勝地。その象牙色をイメージした専用カラーに、ブラック&シルバーのフロントバンパーとブラック塗装のリヤバンパーを組み合わせた。

 限定車発売に合わせてInstagramでのキャンペーンも実施され、フランスを感じる風景、旅のなかで見つけた素敵な景色の写真を『#ペイザージュ』と『#WithKANGOO』のふたつのハッシュタグを付け、アカウントを非公開にせずに投稿すると、抽選で5名に“ピエール・エルメ・パリ カングー ペイザージュ スペシャルマカロン”がプレゼントされる。

 このスペシャルマカロンは、カングー ペイザージュのボディカラーと同じアイボリーにカングーのイラストがプリントされたジャスミンのフレーバーのマカロンと、コルシカ島を代表する柑橘であるレモンのフレーバーのルノーロゴ入りマカロンの6個詰め合わせとなっている。

 パワートレインはベースグレードのゼンEDC同様、1.2リッター直列4気筒直噴ターボと6速のエフィシェントデュアルクラッチの組み合わせ。2月20日から3月1日まで予約申し込みを受け付け、価格は264万7000円。申し込みが販売台数を上回った場合は抽選販売となる。

コルシカ島の最南端に位置する街、ボニファシオの象牙色の岩が織りなす絶景をテーマにアイボリーのボディカラーを採用した
パワートレインは1.2リッター直列4気筒直噴ターボと6速のエフィシェントデュアルクラッチの組み合わせ
ベースグレードのZENに準じたイヴォーワールのファブリックシートを採用する

ルノーコール:0120-676-365
ルノー・ジャポン HP:http://www.renault.jp