「R35GT-Rに相応しい音響空間を!」純正オーディオを活かした匠のシステムアップ術!

「R35GT-Rに相応しい音響空間を!」純正オーディオを活かした匠のシステムアップ術!

R35GT-Rで実現する純正を活かしたスマートなシステムアップ術!

ベースグレードで上位グレード以上のサウンドシステムを構築!

スポコン全盛期に、その名を轟かせたオーディオ&セキュリティショップ“コンセプト”。専門分野に留まらず、アメリカの流行を反映させるエクステリアメイクを得意とし、さらにパワーチューンも手がけるトータルカスタムで知られている。

そんな“コンセプト”が手がけたGT-Rは、ショーメインのハードカスタムではなく、オーナーの嗜好に合わせた現実的なオーディオシステムの構築をテーマとしているのがポイントだ。


オーディオメイクは、純正システムを活かしているのが特徴。カロッツェリアのオーディオマスターユニット「AXM-P01」を使用し、純正ヘッドをCD/DVDプレーヤーとして活用している。そして、後付けのオーディオアンプやスピーカーを導入することで高音質化を図ったシステムアップなのだ。

 
トランク全体をカーペット地で張り替え、ウーファーボックスの搭載を意識させない作りとしている。魅せる要素を加えつつ、アクリルをマットカバーに代えれば見た目はただのトランクスペースへと変わるのだ。
 

リヤシートバック中央部の純正リヤスピーカーを取り外し、サブウーファーが発生する重低音を車内に引き込むトンネルを製作。トランク同様、光の演出が行われている。オーディオはフロント2WAY+サブウーファーという、もっともシンプルに音質を追い込める通好みのシステムで、プロセッサー制御によるものだけではなく、インストールの妙も重要となる。


オーディオマスターユニット「AXM-P01」は、純正オーディオを活かしたシステム拡張ユニットとして、多くのプレーヤーをシステムに取り込むことができる。コンセプトGT-Rではipodを繋ぎ、音楽データや動画データの再生を実現。映像は純正モニターでの再生も可能としている。さらに、ミラーモニターでは映像再生に加え、バックカメラやフロントカメラとしても機能するのだ。

AXM-P01は、それ自体がヘッドユニットとなり、純正ヘッドユニットを後付けのDVDプレーヤーという位置付けにするアイテム。本体はトランク内に収納され、各種操作はリモコンによって行うことが可能。サングラスホルダーに収納されるのは、これらの操作状況を視認する液晶ディスプレイだ。


ツィーター、ミッドバスはネットワークを介さず、それぞれ独立したアンプにより駆動されるマルチ方式。つまり、5chアンプのうち4chをフロントLRスピーカーで使用し、残りの1chでサブウーファーを駆動しているというわけだ。ドアスピーカーはカーペット地によるフィニッシュにより、アウター化を図りつつも絶妙な純正イメージのインストールとなっている。

R35GT-Rオーナーにとって「現実的な憧れの対象であるように」という狙いで製作されたオーディオカー。この仕様は、インストール費用も含めて約150万円ということだが、しっかりとその効果を堪能できるシステムアップで、スーパースポーツとしてのGT-Rの魅力を高めた。プロによるインストールは、純正のそれとは信頼度が段違いなことは言うまでもないだろう。

●取材協力:コンセプト 埼玉県さいたま市岩槻区城町2-5-10 TEL:048-749-8136