レンタカーでキャンピングカー! トヨタレンタリース新千葉なら、キャンピングカーとかトランポ、借りられるらしいよ

トヨタレンタリース新千葉のリストに出てくる!

キャンピングカーの取り扱いのある地域も

近年、レンタカーの1ジャンルとして定着してきた感のあるキャンピングカー。
そんなキャンピングカーを自動車メーカー系のレンタカー会社で借りられる。

それがトヨタレンタリース新千葉。
新千葉といっても、京成電鉄の新千葉駅の近くにしかないのではなく、千葉の湾岸地域、東葛エリアをメインにトヨタレンタカーおよびリースを扱う会社。
千葉にはいくつかトヨタレンタリースの会社があるが、そのうちのトヨタレンタリース新千葉ではキャンピングカーやトランスポーター(トランポ)のレンタカーがある。

取り扱い車種は?

ハイエースとヴォクシーがベース

実際に借りられるのは、200系ハイエースをベースとしたキャンピングカーとトランポ、そして80ヴォクシーをベースとしたトランポとなる。

ハイエース キャンピングカー

ハイエース キャンピングカー

ハイエース キャンピングカーは、200系で一番大きなボディサイズのグランドキャビンがベース。
乗車定員が8名で、就寝人数が3名となっている。
レンタル料は24時間で2万7500円(W4-Zクラス 他プランも有り 以下同)。
装備としては、テレビ、冷蔵庫、シンク(水回り)、ガスコンロなどを装備。
キャビンの後部が二の字の横向きシートになっており、就寝時は間もクッションで埋めて、大きなフラットベッドになる仕様だ。
なお、長さ5380mm、高さ2260mm、幅1880mmと、大きいボディだが普通免許で運転できる。
ETC、ナビ、バックモニターも付いているので、大きなボディがはじめてでも安心だろう。

レジアスエースMRT

レジアスエースMRT

そして同じ200系ハイエースでも5ナンバーサイズのレジアスエース(ハイエースの兄弟車)がベースとなっているのが、MRT。
MRTはマルチ・ロール・トランスポーターの頭文字をとったもので、フラットフロアとされているカーゴスペースに趣味のギアを積んで目的地へ移動し、現地でベッドキット展開したりして使用できるマルチパーパスな1台だ。
こちらは24時間で1万590円(V3-Zクラス)で借りられる。

ヴォクシーMU

ヴォクシー Multi Utility

もう1台が、ヴォクシーMU。
3列シートが主体となるノア・ヴォクシー・エスクァイアをベースに、2列5人乗りとして、趣味のトランスポーターにアレンジしたのが、MU。
MUはMULTI UTILITYの頭文字で、セカンドシートより後ろをフラットなボードで覆い、トランスポーターとしての機能を高めたもの。
車中泊時のベッド、ラゲッジスペースの仕切り棚、車外ではテーブル&ベンチセットとして幅広く使用できる「マルチユースボード」が特別装備となっている。
料金は24時間2万2000円だ(W-ZKクラス)。


「レンタカーでキャンピングカー! トヨタレンタリース新千葉なら、キャンピングカーとかトランポ、借りられるらしいよ」の1枚めの画像ハイエース キャンピングカー

実は、このハイエース(レジアスエース)MRTとヴォクシーMUは、モデリスタが手がけたコンプリートカー。
新車で購入できる1台なので、購入前に実際の使用シチュエーションを想定してレンタルするのも一手かもしれない。

問トヨタレンタリース新千葉
https://r-chb.com/
※レンタカーの借り方、仕様・価格等の詳細は直接ご確認ください。

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部_古川教夫]