ABTスポーツライン「アウディ RS7 スポーツバック」のチューニングプログラムを発表

ABTスポーツライン「アウディ RS7  スポーツバック」のチューニングプログラムを発表

ABT Audi RS7 Sportback

ABT アウディ RS7 スポーツバック

大幅な進化を果たした2代目RS7をアップデート

フォルクスワーゲンやアウディのカスタマイズを展開するドイツのチューニングブランド、ABTスポーツライン(ABT Sportsline)が、2代目に進化を果たしたアウディ A7の最強のパフォーマンス仕様「RS7 スポーツバック」のチューニングプログラムを発表した。

新型RS7 スポーツバックに搭載される4.0リッターV型8気筒ガソリンターボエンジンは、48Vマイルドハイブリッドシステムが組み合わせられ、最高出力600hp(441kW)&最大トルク800Nmを発揮。最高出力は実に先代モデルから40hpものパワーアップを果たしている。

ABT アウディ RS7 スポーツバックのリヤエクステリア

AECの装着により最高出力700hp&最大トルク880Nmを実現

お馴染みのエンジンコンピューターチューン「ABTエンジン・コントロール(AEC)」をRS7 スポーツバックに装着することで、最高出力700hp(515kW)・最大トルク880Nmにまでパフォーマンスアップ。この結果、0-100km/h加速はベースモデルの3.6秒から3.3秒にまで短縮された。

AECエンジンアップグレードキットは、公道とサーキットにおいて入念なテストが繰り返されており、ドイツにおいて最も厳格な品質認証を旨とする「テュフ(TUV)」認証マークを獲得している。

ABTスポーツラインは、様々なデザインのアルミホイールのラインナップを展開。さらに内外装の変更や足まわりのアップデートなどに関しても、すべて下記のABTコンフィギュレーターからチェックすることが可能だ。