マクラーレンF1首脳「トップ3に挑むのはまだ難しい。2020年の目標はルノー等強力なライバルに再び勝つこと」

 マクラーレン・レーシングのCEOザック・ブラウンは、2020年型F1マシン『MCL35』の発表会において、今シーズンの現実的な目標はF1コンストラクターズ選手権4位を死守することであり、それは簡単なことではないと語った。

 2月13日、マクラーレンチームは本拠マクラーレン・テクノロジーセンターで『MCL35』の発表会を開催、主要メンバーが出席し、ニューマシンを披露した。

 2019年にランキング4位を獲得、マクラーレンは長い低迷の時期から抜け出しつつある。しかし、現状に満足することなく努力を続けることが重要だと、マクラーレンF1チーム代表のアンドレアス・ザイドルは語っている。

マクラーレンの2020年型F1マシン『MCL35』の発表会に出席したCEOザック・ブラウンとチーム代表アンドレアス・ザイドル
マクラーレンの2020年型F1マシン『MCL35』の発表会に出席したCEOザック・ブラウンとチーム代表アンドレアス・ザイドル

「チームの全員にとって重要な瞬間を迎えた。全スタッフが何カ月にもわたってハードワークに取り組んできたが、正式発表に先立ち、昨夜、彼らはMCL35を初めて目にした」とザイドル。

「MCL35をプレシーズンテストでコースデビューさせるため、このシーズンオフの間、チームメンバー全員が、マシンの設計、エンジニアリング、製造に膨大な時間とエネルギーを注いでいる」

「カルロス(・サインツJr.)とランド(・ノリス)は昨シーズン、気概と強い決意を示した。テストと来るシーズンへの準備のため、彼らは懸命に作業にあたっている。ふたりは我々チームでの1年目を非常にポジティブな形で過ごした。我々はそれを基盤にさらなる前進を目指していく」

「我々の旅路は今日、新たな段階を迎えた。タフなシーズンに臨むにあたり、現状に満足してしまわないことが重要だ。F1では容易に達成できることは何もない。中団でのトップ争いは非常に激しいものになるだろう。6日間のテストで新シーズンへの備えをしなければならない。カルロス、ランド、マクラーレン・テクノロジーセンターおよびサーキットで働くメンバー全員が、チャレンジする準備を整えている。今年も攻めていこう」

■「強力なドライバーを擁するルノーは今年も手ごわいライバルになる」とCEOブラウン

 マクラーレン・レーシングCEOブラウンも、2020年シーズンを通してチームがさらに前進していくことを目指すと述べた。

「チームの全員を誇りに思う。昨シーズン、目指していたことを達成することができた。熾烈な戦いのなかで、コンストラクターズ選手権4位を勝ち取ったのだ」とブラウン。

「コース上のパフォーマンスは向上しつつあり、チームは新たなエネルギーを得た。それによって大切なパートナーファミリー、世界中のファン層を増やすことができた。今シーズンも厳しい戦いに臨むことになるだろうが、それを楽しみにしている」

「レースを楽しむ一方で、慎重さと集中力を保ち、マクラーレンの全員が恐れることなく前進し続けていく」

マクラーレンの2020年型F1マシン『MCL35』の発表会
マクラーレンの2020年型F1マシン『MCL35』の発表会

 マクラーレンは昨年大きく進歩したものの、今年、ビッグ3であるメルセデス、フェラーリ、レッドブル・ホンダと戦えると考えるのは楽観的すぎると、ブラウンは示唆した。

「現実的に考えると、今年は3位には手が届かないと思う」とブラウンは、Sky Sports Newsに対してコメントした。

「もちろん何が起こるか分からないし、トライしていくが、(トップ3との)ギャップは非常に大きい」

「現実的に考える必要がある。前とのギャップを縮めていきたい。何よりもまずやるべきなのは、後退しないことだ。そしてそれ自体が簡単なことではない。中団のライバルたちはとても手ごわいからね。今の状況に非常に満足してはいるが、先は長い」

 現実的なライバルは、昨年ランキング5位の、同じパワーユニット(PU/エンジン)を搭載するルノーということになる。
「彼らは今年、かなり手ごわいライバルになるだろう。別の(中団)チームもそうだ。我々は昨年よりもさらに向上していく必要がある。ルノーのふたりのドライバーは非常に優秀だ。彼らに勝つのは簡単ではない。そして、ランキング6位、7位、8位だったチームも、4番手のチームになる力を持っている」