車中泊って何が必要? ハイエースならこんなパーツがあると快適に車中泊&クルマ遊びができるよ!

多彩な展開が便利な
ハネ上げ収納式ベッドキット

Aizu/HIACE
アイズ/ハイエース(200系)

アイズ ハイエース 200系 車中泊 ベッドキット
アイズの商品は、実際に車中泊をしてみるとわかる、あると便利なアイテムが目白押し。

ベッドキットのGOODYシリーズは、誰でも簡単に装着できて、多彩な展開とハネ上げ式による簡単な収納で人気のシリーズ。

フルベッド状態なら大人2人がラクラク就寝可能だし、片側ハネ上げ、片側ベッドなら、バイクや自転車を積んだまま車中泊もOK。

さらに大容量の荷物を積むなら両面ハネ上げで対応可能。展開、収納も簡単な操作で1人で出来るように考えられているところがポイントだ。

またバイクなどを積み込む際に純正フロアを保護できる重歩行用素材を採用したフロアシートも用意。こちらも周囲に差し込むだけでOKのカンタン装着となっている。

ベッドキット以外にも車中泊の必須アイテムであるウインドウシェード「マルチシェード」 や、車内の換気や就寝時の虫除けに効果的な網戸「ウインドーバグネット」など、アイズならではの「あったらいいな」を形にした便利な商品が多数揃う。

これから車中泊を始めようと考えている方は、まずはアイズの商品をチェックしてみることをオススメする。

GODDYシリーズのベッドキットには高さ固定式(GOODY)と高さ調整式(GOODY DU)の2タイプ。GOODY DUはマット面が42~62㎝の間で無段階調整可能となっている。

5名乗車時のベッドキット。十分な広さがあり、通常はこのスペースにどっさりと荷物を積むことができる。ベッド下にもクーラーボックスなどの荷物を積載できるスペースがある。

ベッドの片側をハネ上げた状態。自転車などを積んだまま車中泊も可能。サーフボードや釣りのロッドなども積めるだけにアウトドアでも活躍しそう。

たくさんの荷物を積んで移動する時は両側ハネ上げ状態が最適。ハネ上げ収納も展開も1人で簡単にできるように工夫されているところも魅力。

車内での着替えや車中泊時のプライベートスペース確保に欲しいのがマルチシェード。断熱・保温効果のある素材を採用。フロント用、リア用(サイド~リア)あり。



窓から虫の侵入を防ぐクルマの窓用網戸がバグネット。フロント用(ウインドウバグネット)とセカンドドア用(ロールインバグネット)の2タイプ。どちらも工具不要で装着可能。

フロントセンターの足元に設置する大容量10ℓのゴミ箱がポイボックス。市販のゴミ袋をセットできるので衛生的。ゴミ箱としてだけでなくソフトクーラーボックス置き場としても使える。


【PARTS SPECIFICATION】
GOODYシリーズベッドキット 8万2500円~
フロアシート 1万6500円~
ポイボックス 1万3200円
ウインドーバグネット 6600円~
マルチシェード 2万900円~

問:Aizu   053-422-7608
https://www.aizu-rv.co.jp

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部_武田真吾]