「ハチロクといつまでも・・・」これから10年付き合うためのAE86リフレッシュ&チューニング術!

「ハチロクといつまでも・・・」これから10年付き合うためのAE86リフレッシュ&チューニング術!

長く楽しめる仕様をテーマに無駄なく仕上げたチューンドハチロク!

トラブルフリーのポイントは5バルブ4A-G化!

群馬県のガレージインフィニティは、オイル交換からアライメント調整、エンジンO/Hやボディチューンまで幅広くこなす。その手腕を頼り、様々な国産スポーツが集まるが、中でも注力しているのがハチロクだ。ここ数年、増えてきたエンジンリフレッシュの依頼に対し、5バルブ4A-Gの換装をすすめることが多いとか。

「メカチューンで出力を稼ごうとなると、それなりの出費を覚悟しなければなりません。でも、5バルブならAE101用で160ps、АE111用なら165psと意外にパワフルだし、何よりノーマルなので簡単には壊れないのも魅力ですよね」と市川代表。


ここで紹介するレビンも、5バルブ4А-Gに載せ換えた車両。オリジナルの4-2-1EXマニや戸田レーシングのハイカムまで導入することで、ドリフトの追走でもターボ車を追い回せるほど戦闘力を高めたのも見どころだ。

エンジンマネージメントには定番フルコンのフリーダムを仕様。「純正4スロ仕様の5バルブ4A-Gは、ECUチューンでさらにレスポンスが良くなります。レブの8500rpmまで気持ち良く回るので、十分に楽しめますよ」とのこと。

冷却系チューンにも手が入る。油温の安定に貢献するオイルクーラーにはトラスト製を装着するが、最近ではHPI製のサイドタンク式コアを使用することも多いという。油温は120度を超えるとオイル性能の維持が難しくなるので、ハードに走るなら装着すべし。

 
また「あと10年は気持ちよく乗れる仕様」をテーマに作り込んだというこのレビンは、ボディチューンにも着手。ストラットタワーとバルクヘッドの間に鉄板を追加し、さらにドアの開口部にスポット増しを施すなど、負担が大きい部分を中心に補強してボディ剛性を高める。EXマニ周辺には遮熱処理も実施する。
 

ステアリングはナルディ。後はセンターコンソールに追加メーターを埋め込んだくらいと、シンプルにまとめたコクピットはコンディションも良好。エアコン&オーディオ付きなので街乗りも苦にならない。旧車のハチロクと、これからも長く付き合っていきたいというオーナーのお手本に相応しいデモカーだ。

●取材協力:ガレージインフィニティ 群馬県渋川市半田3120-4 TEL:0279-22-5606