【ブログ】本調子ではない王者マルク・マルケスに迫る包囲網/MotoGPセパン公式テスト

 2月7日~9日に行われたMotoGPセパン公式テスト。各チームとも着々とテスト項目を消化している段階でまだ勢力図が見えずらい状況でしたが、国内を中心に活躍する二輪ジャーナリスト“コトブキ”こと佐藤寿宏氏はどんなところを注目したでしょうか?。

————————–

 2020年最初のMotoGPオフィシャルテストが終了しました。タイム的には、ファビオ・クアルタラロ(ペトロナス・ヤマハSRT)が3日間ともトップタイムをマークする結果になりましたが、各メーカー、虎視眈々とテストプログラムを消化したようです。ヤマハのテストライダーとして登場したホルヘ・ロレンソ、KTMテストライダーのダニ・ペドロサが好タイムをマークするなど、話題にこと欠かないセパンテストになりました。

2020年MotoGPセパン公式テスト:ホルヘ・ロレンソ
2020年MotoGPセパン公式テスト:ホルヘ・ロレンソ(ヤマハテストチーム)

 ヤマハはウィークポイントであるストレートスピードを改善すべくニューエンジンを投入。モンスターエナジー・ヤマハMotoGPのマーベリック・ビニャーレスとバレンティーノ・ロッシには初日からアッパーカウルのエアインテークが昨年型よりも縦長になった2020年型ヤマハYZR-M1を走らせていましたが、2019年型ベースのものもあり、それぞれ3台ずつ用意されていました。

マーベリック・ビニャーレス、バレンティーノ・ロッシ(モンスターエナジー・ヤマハMotoGP)
マーベリック・ビニャーレス、バレンティーノ・ロッシ(モンスターエナジー・ヤマハMotoGP)

 一方、ペトロナス・ヤマハSRTのファビオ・クアルタラロとフランコ・モルビデリには、エアインテークが横長の2019年型ベースのマシンが与えられていましたが、クアルタラロは、そのマシンで初日にトップタイムをマーク。

2020年MotoGPセパン公式テスト:ファビオ・クアルタラロ(ペトロナス・ヤマハSRT)
2020年MotoGPセパン公式テスト:ファビオ・クアルタラロ(ペトロナス・ヤマハSRT)

 2020年型に苦戦していたビニャーレスは、クアルタラロのタイムを見ると、2019年型ベースのマシンも試していましたが、2020年型を仕上げて行く方が先があるという判断を下し、2日目以降は、黙々とテストをこなしていました。特に3日目は、タイムアタックもせず、誰よりも多い83周をこなし静かな闘志を感じさせました。

 クアルタラロには、2日目より2020年型が与えられ、まずはセットアップから開始しながら、しっかりトップタイムを記録。最終日はロングランも行い、まだ課題は残っているものの、最速タイムをマークしてセパンテストを終えていました。

 ファクトリーの2台には、ホールショットデバイスが搭載され、セッション終了後に行われるスタート練習を何度も行っていました。最終日セッション開始前の暖気中にマシンを見ているとウエスが不自然に置いてありましたが、ホールショットデバイスを隠していました。まぁ、公式サイトには、しっかりムービーがアップされていましたよね。

モンスターエナジー・ヤマハMotoGP
モンスターエナジー・ヤマハMotoGP

 2日目のセッション後にも、やはりスタート練習をしていたのですが、テストライダーの中須賀が不自然なエンストをして、そのままピットにマシンを入れていただけに、開幕戦から実戦投入してくるか疑問が残るところです。あとモンスターエナジー・ヤマハMotoGPの2台のホイールは何やら日差しが当たるとキラキラしていました。熱を吸収して内圧を安定させたりする効果があるのかと想像してしまいましたが、今回は、真偽は不明なままでした。

 注目を集めたホルヘ・ロレンソは、シェイクダウンテストの3日目、オフィシャルテストの3日目に走行しました。もともと予定されていなかったため、タイヤ本数もなく、2日のみの参加となりましたが、今回はヤマハのバイクに慣れることと、自分自身のリハビリといったところでした。最初は、かなり慎重でしたが、オフィシャルテストでは、かなり調子が戻って来ていたように見えました。

2020年MotoGPセパン公式テスト:ホルヘ・ロレンソJ.ロレンソ
2020年MotoGPセパン公式テスト:ホルヘ・ロレンソ

 LCRホンダ・カストロールのカル・クラッチローが自身のサーキットベストを更新し、2番手につけたのは、少し意外でしたが、2020年型ホンダRC213Vは、昨年の反省を生かして、よくなっているのでしょうか? クラッチローのコメントでは、エンジンはよくなっているけれど、フロント周りは2018年型がよかったと言っており、まだまだ課題は山積みでしょうか。

2020年MotoGPセパン公式テスト:カル・クラッチロー(LCRホンダ・カストロール)
2020年MotoGPセパン公式テスト:カル・クラッチロー(LCRホンダ・カストロール)

 肩の調子が60%というマルク・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)は、弟のアレックスを引っ張りながらも意外に周回をこなしていましたが、2日目、3日目と2度転倒を喫していました。らしいと言えばらしいですが、体調が万全ではない中での転倒は、いかがなものかと思ってしまいました。

2020年MotoGPセパン公式テスト:マルク・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)
2020年MotoGPセパン公式テスト:マルク・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)

 アレックスは、ルーキー枠でシェイクダウンテストを2日間走ってから、オフィシャルテストを迎えていました。1分58秒台には入りませんでしたが、1分59秒042でトップから0秒693差の18番手。タイム差は少ないものの、セパンは得意としているコースだけに、ここからどう這い上がって行くか? いばらの道が待っていそうです。

 タカ(中上貴晶/LCRホンダ・イデミツ)も厳しいテストになりました。手術した右肩は、痛みがあるそうで、2日目からは痛み止めを服用していました。2019年型ホンダRC213Vは、ホルヘ用に準備していたパーツなどが多々あるらしく、テストすることも数多く残っているそうです。タカも肩の調子を見ながらパーツの選別などを行っていました。

2020年MotoGPセパン公式テスト:中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)
2020年MotoGPセパン公式テスト:中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)

 昨年ドゥカティは、このテストで上位を独占していましたが、今年はプラマック・レーシングのフランセスコ・バニャイアの4番手が最上位と本家のドゥカティ・チームより上にサテライトチームが来る結果になりましたがドゥカティ・チームのアンドレア・ドヴィツィオーゾとダニロ・ペトルッチは、いずれもミシュランのニュータイヤのフィーリングに慣れることが大事だとコメント。タイムを出すことよりもタイヤに合わせたセットと乗り方に重きを置いていました。

2020年MotoGPセパン公式テスト:アンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ・チーム)
2020年MotoGPセパン公式テスト:アンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ・チーム)

 このミシュランのニュータイヤは、ドゥカティやホンダなどの直線番長的なマシンよりヤマハやスズキなどコーナリングに優れているマシンに合っていると言う意見が多かったのですが、全体的にグリップが上がっており、各マシンとの相性がポイントとなりそうです。ヨハン・ザルコが加入したレアーレ・アビンティア・レーシングには、4台のデスモセディチGP19が用意され、ザルコとティト・ラバット、それぞれにドゥカティスタッフも付く強化ぶり。まぁそれでザルコは走る気になったのですが、初乗りのドゥカティで存在感は今ひとつでした。

 アレックス・リンスが3番手タイムを記録したチーム・スズキ・エクスターは、エアロパーツや制御などのテストはもちろん、昨年型ベースのフレームと、新しいフレームの比較テストを行いました。昨年のシルバーストーンでの勝利でも分かるように、これまでのフレームもかなり完成度が高かったのですが、それを上回るために作り上げたのが今回持ち込んだニューフレームでした。ふたりとも好印象だったようですが、現状で1台分しかなく、開幕までに2台そろえるのが間に合うかどうかという状況だそうです。

2020年MotoGPセパン公式テスト:アレックス・リンス(チーム・スズキ・エクスター)
2020年MotoGPセパン公式テスト:アレックス・リンス(チーム・スズキ・エクスター)

 テストライダーのペドロサが2日目に1分58秒662をマークし3番手につけたレッドブルKTMファクトリー・レーシングも、いよいよトップコンテンダーの仲間入りを果たしそうな勢いを感じさせました。最終日にはエースライダーの意地を見せたポル・エスパルガロが1分58秒610をたたき出しトップから0秒261差の7番手と健闘。MotoGP、2年目のミゲール・オリベイラも1分58秒台に入れているだけにマシンは着実に進化しているようです。

2020年MotoGPセパン公式テスト:ポル・エスパルガロ(レッドブルKTMファクトリー・レーシング)
2020年MotoGPセパン公式テスト:ポル・エスパルガロ(レッドブルKTMファクトリー・レーシング)

 アプリリア・ファクトリー・レーシングは、フルモデルチェンジしたアプリリアRS-GPをエースのアレイシ・エスパルガロ、そしてアンドレア・イアンノーネに代わりテストライダーからレギュラーに昇格することが確実なブラッドリー・スミスに1台ずつ用意し、大きなトラブルもなく周回を重ねていました。3日間総合では、1分58秒694で10番手でしたが、トップとの差も僅かしかなく、シェイクダウンとなったテストでは上々の結果だったと言えるでしょう。

2020年MotoGPセパン公式テスト:アレイシ・エスパルガロ(アプリリア・レーシング・チーム・グレシーニ)
2020年MotoGPセパン公式テスト:アレイシ・エスパルガロ(アプリリア・レーシング・チーム・グレシーニ)

 さて、次は、2月22日から24日まで開幕戦の地、カタールのロサイル・インターナショナル・サーキットでオフィシャルテストが行われます。ここである程度、勢力図が見えて来るでしょう。マルク、そしてタカが、どこまで回復しているか? 皆さん要チェックですよー。