WRC第2戦スウェーデン:シェイクダウン“1本目”はトヨタがトップ3独占。積雪なく地面むき出し

 2020年のWRC世界ラリー選手権第2戦スウェーデンは2月13日、大会開幕前最後の走行チャンスとなるシェイクダウンの“1本目”が行われ、トヨタ・ヤリスWRCを駆るカッレ・ロバンペラ、セバスチャン・オジエ、エルフィン・エバンスのTOYOTA GAZOO Racing WRT勢がトップ3を独占した。

 2020年シーズンの第2戦として開催されるラリー・スウェーデンは、本来であれば雪上を舞台に争われるフルスノーイベントだが、今年は暖冬の影響で充分な積雪がない状況で大会スケジュールの見直しなども行われている。

 本戦開幕前にマシンセッティングの最終チェックなどを行う機会のシェイクダウンは現地9時1分、スウェーデン・スカラに設けられた7.21kmのステージで行われた。

2020年WRC第2戦スウェーデンのシェイクダウンステージを走るトヨタ・ヤリスWRC。例年のような積雪は見当たらない
2020年WRC第2戦スウェーデンのシェイクダウンステージを走るトヨタ・ヤリスWRC。例年のような積雪は見当たらない

 例年であれば、このシェイクダウンステージも一面の銀世界となっているはずだが、今年は道路脇にわずかに雪が残る程度で、コース上は完全にグラベル(未舗装路)がむき出しの状態のなかで各車が走行を重ねた。

 このスカラで最速タイムを刻んだのは、2020年からトヨタに加わりWRC最上位クラスデビューを果たしたロバンペラ。ステージ4回目のアタックで3分57秒7のベストタイムを刻み、トップにつけた。

 ロバンペラが自己ベストを更新するまでトップにつけていたのは、同じくトヨタのオジエ。3回目の走行で4分1秒2のタイムを刻んで暫定トップにつけていたが、最終的にはロバンペラと3.5秒差のシェイクダウン2番手となった。

 そのオジエと0.1秒差のシェイクダウン3番手はエバンスでトヨタのワークスドライバーがトップ3を独占。トップのロバンペラと5.4秒差のシェイクダウン4番手にクレイグ・ブリーン(ヒュンダイi20クーペWRC)、同7秒差の5番手にオット・タナク(ヒュンダイi20クーペWRC)と続いた。

 トップのロバンペラと7.2秒差のシェイクダウン6番手には勝田貴元(トヨタ・ヤリスWRC)がつけたほか、プライベーターとして参戦しているヤリ-マティ・ラトバラ(トヨタ・ヤリスWRC)もシェイクダウン9番手に入っている。

ラリー・スウェーデンに持ち込まれたスタッドタイヤは、本来凍結した路面にスタッドが食い込むことでグリップを生む
ラリー・スウェーデンに持ち込まれたスタッドタイヤは、本来凍結した路面にスタッドが食い込むことでグリップを生む

 この週末に行われるSSの多くは、シェイクダウンステージと同じく充分に雪が積もっていない箇所が多いとみられており、本来の作動領域ではないグラベル路面をスタッドタイヤで走ることになる。そのためタイヤマネジメント能力が他大会以上に求められる可能性が高い。

 シェイクダウン2番手につけたオジエも「僕たちドライバーはつねにスピードを求めるものだけど、このシェイクダウンステージではタイヤについて大きなレッスンがあった」と述べている。

「なぜなら、僕たちはこのタイヤ(スタッドタイヤ)でフルグラベルを走った経験がないからだ。だから、今回のコンディションでどの程度のグリップが得られ、そのグリップがどの程度持続するのかを掴もうとしたんだ」

「そういった観点で見れば、今回のシェイクダウンは興味深いものになったよ」

 スカラでのシェイクダウンを終えたドライバーたちは、オープニングセレモニーが行われるスウェーデンのカールスタッドへ移動して、セレモニアルスタートに参加する。

 当初の予定ではセレモニアル後、現地20時8分にカールスタッドの特設ステージでSS1が行われる予定だったが、直前のスケジュール変更でSS1の走行は取り消し。シェイクダウン“2本目”として特設ステージでの走行が行われる。