ボディ後半の擬装に注目! これがポルシェ初のEVワゴン「タイカン クロスツーリスモ」の最新プロトだ!

■最強「ターボS」は0-100km/h加速2.8秒の高速EVワゴン

ポルシェ初の量産EV『タイカン』の派生ワゴン、「タイカン クロスツーリスモ」(仮称)最新プロトタイプを、豪雪のスカンジナビアで再び捉えました。

Porsche Taycan Sport Turismo_007
ポルシェ タイカン スポーツツーリスモ 開発車両

クロスツーリスモはEVのためエキゾーストシステムは持ちません。そのためリアエンド全体を故意に雪でガードし、ディテールを隠しています。しかし、タイカンとデザインを共有するスクエアなヘッドライトが露出しているほか、リアスポイラー形状やDピラーのデザインも確認できます。

Porsche Taycan Sport Turismo_001
ポルシェ タイカン スポーツツーリスモ 開発車両

撮影したカメラマンによると、プロトタイプは、豪雪でのウィンターテストを楽しむように豪快なドリフトを何度も見せていたといいます。リアクォーターウィンドウにはキックアップされたクロームトリムが見えますが、実際にはテープで偽装されており、最終デザインとは断定できません。

パワートレインは、時期をずらし「4S」「ターボ」「ターボS」のラインアップが予想され、最高出力はそれぞれ571ps、680ps、ターボSでは最大761psのオーバーブーストを発生させます。また0-100km/h加速は「4S」が4.0秒、「ターボ」が3.2秒、「ターボS」では2.8秒、最高速度260km/hというEVワゴンとして最高レベルのパフォーマンスを誇るはずです。

電圧は通常のEVの400Vではなく、800Vのシステム電圧を備えており、約5分で最大100kmの航続に必要な電力を充電できます。1回の充電での航続は、4Sが最大464km、ターボSが最大412km、ターボが450km(WLTPに準拠)となります。

 タイカン クロスツーリスモのワールドプレミアは、最速で2020年内、遅くても2021年初めには行われると予想されます。

(APOLLO)