ダイハツ「TAFT(タフト)コンセプト」、やっぱり東モの「WakuWaku(ワクワク)」がベースだった!

■ファースト・コンセプトモデルは東京モーターショー2019で公開済み

ダイハツが年央の発売を目標に開発を進めている軽クロスオーバー新型「タフト」。同社は先日開催された東京オートサロン2020でそのコンセプトモデル「TAFTコンセプト」を出展しました。

ダイハツが東京オートサロン2020に出展した「TAFTコンセプト」

日常生活からレジャーまでアクティブに使える新感覚の軽クロスオーバーで、開放感あふれるガラスルーフや、フラットで使い勝手の良い荷室空間など、毎日を楽しくするアイテムを多く採用しています。

タントで新開発されたDNGAプラットフォームをベースに660ccのターボエンジンを搭載。全長×全幅×全高はそれぞれ、3,395mm×1,475mm×1,630mm。

そのスタイリングはヘッドランプの細部やバンパーなどが変更されているものの、直線的な前後フェンダーアーチ部の黒樹脂やセンターピラーのスラント意匠などから東京モーターショー2019に出展されたコンセプトカー「WakuWaku(ワクワク)」がベースになっていることが見てとれます。

東京モーターショー2019出展車「WakuWaku」(左)との比較

以前に「ダイハツの東京モーターショー2019出展車WakuWakuは市販前提モデル?」で御紹介したとおり、カーメーカーでは発売が近いモデルに手を加え、コンセプトモデル風に仕立ててショーに出展するケースがみられます。

上段が「WakuWaku」。精緻なインテリアが現実味を帯びていた。

同車においてもカラフルでファッショナブルな外観に反して、精緻な質感を持つインテリアパーツが現実味の有るモデルであることを証明していたという訳です。

各種情報によれば、同車が搭載する直3ターボエンジンの最高出力は52ps/6900rpm、最大トルクは6.1kgm/3600rpm、FF/CVT仕様で車両価格は120‐160万円となる模様。ショーでも大きな注目を集めていただけに、新型「タフト」の発売が大いに待たれます。

Avanti Yasunori・画像とムービー:Daihatsu)