WRCモンテカルロ:競技3日目はトヨタの2台が一進一退の攻防。エバンスが4.9秒リードで最終日へ

 2020年のWRC世界ラリー選手権第1戦モンテカルロは1月25日、SS9〜12で争われる競技3日目を迎え、エルフィン・エバンス(トヨタ・ヤリスWRC)が総合首位に浮上した。4.9秒差の総合2番手はセバスチャン・オジエ(トヨタ・ヤリスWRC)、6.4秒差の総合3番手はティエリー・ヌービル(ヒュンダイi20クーペWRC)だ。

 フランスとモナコ公国を舞台に争われている2020年のWRC開幕戦、ラリー・モンテカルロ。競技3日目はフランス・ギャップに置かれたサービスパークを中心に全4SSで争われた。

 4SS合計の走行距離は75.2kmで、いずれのステージも途中にドライ路面やウエット路面、雪が積もる箇所や凍結路面が交じるなど、ラリー・モンテカルロらしいコンディションとなった。

 前日、オジエとエバンス、ヌービルの3名が6.4秒差となっていた総合優勝争いは、この日も接戦。なかでもオジエとエバンスのトヨタ勢はステージごとに総合首位を入れ替える一進一退の攻防を繰り広げた。

 オープニングのSS8ではヌービルがステージ優勝、オジエが0.8秒差のステージ2位、エバンスが2.4秒差のステージ3位に入り、オジエが総合首位のリードを2.8秒まで広げる。

 すると、続くSS10ではエバンスが反撃し、ステージ2位のオジエに7.6秒差をつけてステージ優勝。総合トップの座を奪い、4.8秒リードを構築してみせる。

 そしてサービスを挟んで迎えたSS11、ここではふたたびヌービルが最速タイムを刻み、オジエが0.8秒差のステージ2位を獲得する。エバンスはヌービルと5.6秒差、オジエとは4.8秒差のステージ3位に入った。

 この結果、総合ではオジエとエバンスがまったくの同タイムとなり、ふたりが同率首位の状態で3日目の最終ステージ、SS12へ臨んだ。

 迎えた全長20.73kmのSS12では、ヌービルがこの日3度目のステージ優勝を達成し、その4.6秒差のステージ2位にエバンスが続いた。

 総合優勝を争う3人のなかで最後に走行したオジエはステージ中盤まではエバンスを上回るタイムで走行していたが、その後「一切ミスはなかったけれど、路面が凍結している区間で慎重になりすぎた」と10秒近く遅れを取ってしまう。最終的にはヌービルと9.5秒差のステージ3位に入ったものの、総合ではエバンスに4.9秒リードを与える形となった。

 2台のヤリスWRCに続く総合3番手ヌービルはトップと6.4秒差。総合4番手セバスチャン・ローブ(ヒュンダイi20クーペWRC)はトップと2分24秒3のギャップがついているので、総合優勝争いは完全にエバンス、オジエ、ヌービルの3名に絞られた格好だ。

 総合5番手以下はエサペッカ・ラッピ(フォード・フィエスタWRC)、カッレ・ロバンペラ(トヨタ・ヤリスWRC)、勝田貴元(トヨタ・ヤリスWRC)、エリック・カミリ(シトロエンC3 R5)といったトップ8。勝田はSS8や12で凍結路面に足元をすくわれたか、スピンやコースオフする場面もあったものの、大きなダメージなく完走を果たした。

 そのほか競技初日にマシントラブルで出遅れたテーム・スニネン(フォード・フィエスタWRC)は総合11番手、競技2日目にコース脇の溝に落ちてデイリタイアしたガス・グリーンスミスは総合66番手で走行を終えている。

 2020年のWRC第1戦モンテカルロ、競技最終日となる26日はSS13〜16までの4SSが行われる。最終ステージのSS16はステージ上位5名にボーナスポイントが与えられるパワーステージとして、現地12時18分、日本時間20時18分に走行がスタートする。

セバスチャン・オジエ(トヨタ・ヤリスWRC)
セバスチャン・オジエ(トヨタ・ヤリスWRC)
ティエリー・ヌービル(ヒュンダイi20クーペWRC)
ティエリー・ヌービル(ヒュンダイi20クーペWRC)
カッレ・ロバンペラ(トヨタ・ヤリスWRC)
カッレ・ロバンペラ(トヨタ・ヤリスWRC)
テーム・スニネン(フォード・フィエスタWRC)
テーム・スニネン(フォード・フィエスタWRC)
エサペッカ・ラッピ(フォード・フィエスタWRC)
エサペッカ・ラッピ(フォード・フィエスタWRC)
勝田貴元(トヨタ・ヤリスWRC)
勝田貴元(トヨタ・ヤリスWRC)