レクサス LC コンバーチブルがオークションへ! 落札額はすべて慈善団体の寄付金に

レクサス LC コンバーチブルがオークションへ! 落札額はすべて慈善団体の寄付金に

Lexus LC 500 Convertible

Lexus LC 500 コンバーチブル

2020年夏の正式発売を前にしたチャリティ

レサクスは2020年夏に「LC 500 コンバーチブル」の発売を予定しているが、正式な販売開始を前に名門オークションへの出品を決定した。落札金額はチャリティのために基金へ寄付される。オークションの開始日時は2020年1月17日16時30分(米国現地時間)。

レクサスのフラッグシップ クーペ「LC 500」のコンバーチブルモデルは、2019年11月のLAオートショーで世界初公開されたばかり。LC 500同様に自然吸気の5リッターV型8気筒を搭載し、日本および北米で2020年夏に発売予定だ。

レクサス LC 500 コンバーチブルのスカッフプレートイメージ

VINナンバー「100001」が刻まれた唯一の車両

発売に先立ち、アリゾナ州スコッツデールで行われるバレット-ジャクソンのオークションへ出品されるのはVINナンバー100001の車両。落札額は100%、青少年育成団体と復員兵のための基金へ寄付される。

出品車両は、ストラクチュラル・ブルーと呼ばれる目の覚めるようなボディカラーに、ミルクのようなセミアリニンレザーの内装を組み合わせる。北米で展開している特別仕様「インスピレーション シリーズ」に準ずる配色だが、当該車両はさらにブレーキキャリパーもブルーで塗装。ホイールは「リキッド グラファイト」カラーベースに光沢ブラックのアクセントを加えた21インチ鍛造アルミを組み合わせる。

ヘッドランプ周りやサイドエアインテークのガーニッシュ、ドアミラー、テールパイプにはつや消しアルミのような「リキッド プラチナム」カラーを採用した。スカッフプレートはカーボンファイバー製で、「LC Inspiration Series Launch Exclusive 1 of 1.(特別に送り出されたたった一台のLC インスピレーション シリーズ)」の文字が並ぶ。

レクサス LC 500 コンバーチブルのホイールイメージ

ゼロハリバートンとのコラボレーショセットも

特別“装備”はそれだけに留まらない。たとえばLCコンバーチブルの額縁入りスケッチや生産ラインの写真を含むポートフォリオ(車両記録)、チーフエンジニアと元町工場長のサイン入り証明書などが付属。ゼロハリバートンとレクサスがコラボレーションした新コレクションのラゲッジセットもいち早く手にすることができる。

さらに、ブランドアンバサダーを務めるドライバー、スコット・プルーエットが参加する「レクサス パフォーマンス ドライビング エクスペリエンス」にも招待。ペブルビーチ リゾートでの宿泊なども提供される。

レクサス LC 500 コンバーチブルのテールライトイメージ

落札額はすべて青少年と復員兵のサポートに活用

落札金額は2つの慈善団体の援助のために贈られる。ひとつは青少年のための放課後プログラムを運営する「ボーイズ&ガールズ クラブ オブ アメリカ」。もうひとつが9.11以降の復員兵や兵士、その家族を継続的にサポートする「ボブ・ウッドラフ基金」だ。

2020年1月17日16時30分(米国現地時間)から行われるオークションの様子は、バレット-ジャクソンの公式サイト上でライブ配信される。