メーカー自ら仰天カスタム「ハイゼット トラック DJ Ver.」。DJデモは社員デザイナー!【東京オートサロン2020】

●ダイハツ謹製・自走式DJブース。「ハイゼット トラック DJ Ver.」をチェック!

東京オートサロン2020のダイハツブースには様々なカスタムモデルが展示されていましたが、中でもダントツにイッちゃってるのがこの一台。

軽トラ・ハイゼット トラックをベースにした『DJ ver.(バージョン)』です。

ハイゼット トラック DJ ver.
Bピラー部にはグライコがセット

このカスタムモデルはDJ会場に自走で乗り付け、そのまま車両をDJブースにしてしまえるというのがコンセプト。荷台には格納式のターンテーブルデスクと巨大モニターがセットされています。

ハイゼット トラック DJ ver.
ターンテーブルはこのようにセット

またボディ側面には高級なフォーカルのスピーカーが大量にセットされました。

ハイゼット トラック DJ ver.
フォーカルのスピーカー

注目なのはこの外観だけではありません。インテリアでもシート表皮がヘビ革のようななまめかしい素材に交換されています。

ハイゼット トラック DJ ver.
マイクスタンド完備

またインパネ中央にはゴールデンマイクを2本差しておけるマイクスタンドがセットされました。

さらにATのシフトレバーもマイクになっています。しかもこのレバーマイク、実際に機能する(拡声できる)というので驚きです。

ハイゼット トラック DJ ver.
ルーフにはミラーボール

さらにルーフの中央にはミラーボールもセットされるというこだわり。

ハイゼット トラック DJ ver.
自走するDJブースがコンセプト

全身に大きめのフレークが入ってキラキラと光るボディカラーも相まって、とにかく強烈な印象を残すこのハイゼットトラックDJバージョン。

これをカスタムショップではなくメーカー自らが作ってしまうところに、ダイハツの今の勢いが現れていると思います。

ハイゼット トラック DJ ver.
模範DJをしてくれているのは、ダイハツカスタムの「仕掛け人」デザイナー 米山知良さん

(写真・動画・文/ウナ丼)