内外装が変わった新型S660をチェック。ミラーウインカー追加、Aピラー塗装など様々に変化【東京オートサロン2020】

●前後ライトの内部も変更。新しいボディカラーやドアミラーにも注目!

ホンダの軽自動車規格のミッドシップリアエンジンスポーツ・S660。このモデルにマイナーチェンジが施され、東京オートサロン2020で発表されました。

S660マイナーチェンジモデル
Aピラーもボディ色に変更

今回のモデルチェンジでは内外装で多岐にわたって手が入っていますよ。

まずはボディカラーに新色が追加されました。アクティブグリーン・パールはまるでランボルギーニにラインナップされていそうな華やかなもの。S660の日本車ばなれしたデザインにマッチしています。

Aピラーがボディカラー同色に塗られているのもニュースです。従来はブラックのみでした。

S660マイナーチェンジモデル
バンパーにLEDが追加されました

フロントではヘッドライトのサブリフレクターの色が変更されました。またフロントグリルのデザインが一部変更されています。フロントバンパーには上級モデルにのみアクセサリーライトが追加されました。LEDです。

S660マイナーチェンジモデル
ホイールのデザインが変わりました

ボディサイド目を見てみると、前後のホイールデザインが変更されています。またウインカーを内蔵したミラーの新規採用もチェックポイントです。

S660マイナーチェンジモデル
ミラーにはウインカーをセット

リアに目を移すと従来は非点灯状態では赤かったテールライトがクリアタイプになっています。

S660マイナーチェンジモデル
テールレンズがクリアになりました
S660マイナーチェンジモデル
点灯時には赤く光ります

ハイマウントリアストップランプのレンズもレッドからクリアに変更されました。

S660マイナーチェンジモデル
アクティブグリーン・パールは新色

インテリアでは、ステアリングホイールの表皮にアルカンターラが採用されました。

S660マイナーチェンジモデル
表皮がアルカンターラになったステアリング

同じくアルカンターラを採用したシートはセンターに白いストライプが入る、新しいパターンのものに変更されました。

S660マイナーチェンジモデル
シートのグラフィックが変更されました

今回、ボディカラーには他にアラバスターシルバー・メタリックという新色もセットされていますよ。

(写真・動画・文/ウナ丼)