【RQ決定情報】2020年のMobil1レースクイーンを発表。3年間務めた佐崎愛里さん、小林沙弥香さんはRQ卒業へ

 1月11日に東京オートサロン2020に出展していたIMPULブースで、2020年のMobil1レースクイーンが発表され、知本真以子さんと宮瀬七海さんが新しく務めることになった。

 スーパーフォーミュラではITOCHU ENEX TEAM IMPULを、スーパーGTではTEAM IMPULやARTAなどMobil1サポートチームを応援するMobil1レースクイーン。ここ数年はオートサロンで新しいレースクイーンが発表されており、今年も1月11日に2020年のMobil1レースクイーンの発表が行われた。

 Mobil1レースクイーンは、2017年から日本レースクイーン大賞グランプリにも輝いた佐崎愛里さんと小林沙弥香さんが3年連続で務めており、人気のレースクイーンユニットのひとつだ。

 ブースには多くのファンが駆け付け発表の瞬間を待つ。そして、MCから呼び込みがあり、2020年のMobil1レースクイーンが発表されだ。

 ひとり目は昨年レースクイーンデビューした知本真以子さん。

「(2019年のふたりが)継続だと思っていた方たちが、ほとんどだと思います。ビックリさせてしまい、ごめんなさい。レースクイーンは2年目で、昨年は右も左もわからない状態でチームの方々に助けていただいた1年でした」

「レースはすごく楽しいと感じ、チームの方々やファンの方々に支えられて、とても楽しいシーズンを過ごすことができました。2020年も絶対レースクイーンをやりたいと思っていて、このMobil1レースクイーンに採用させていただき、うれしく思っています。期待に応えられるように1年間精一杯頑張りたいです!」

「Mobil1レースクイーンといえば、レジェンドなふたりというイメージがついています。おふたりが築き上げたイメージなどを壊さず、さらに成長していきたいです」と知本さん。

 ふたり目は、レースクイーン4年目となる宮瀬七海さん。

 佐崎さんの所属事務所の後輩にあたる宮瀬さんは、「憧れていたレースクイーンユニットに入ることができて、とてもうれしいです。華がある方たちが毎年務めてきたので、私もそんなふうになれたらと意気込んでいます。Mobil1レースクイーンは、サーキットでとても凛としていて、すごく憧れていました」と喜びを語った。

Mobil1レースクイーンのコートに袖を通した2020年メンバーの知本真以子さん(左)と宮瀬七海さん(右)
Mobil1レースクイーンのコートに袖を通した2020年メンバーの知本真以子さん(左)と宮瀬七海さん(右)

 翌日の12日には、2019年のMobil1レースクイーンの卒業式が同じくIMPULブースで実施。佐崎愛里さんと小林沙弥香さんのふたりが登場し、これまでの思い出と感謝を述べ、そしてレースクイーンを卒業することを発表した。

「Mobil1レースクイーン2019は本日を持ちまして卒業となり、4年間務めてきたレースクイーンも引退させていただきます。ギリギリまで悩んで出した答えです。Mobil1レースクイーン3年間を振り返れば、本当にあっという間でした」

「1年目はチームメイトのあいりん(佐崎愛里さん)のことを全然知らなかったんです。初めてお会いした時は、めっちゃ可愛い人来たって思ったんですけど、初めての仕事であいりんのファンの方の多さに本当にビックリしました。とんでもない人とコンビを組んでしまったとビビっていました(笑)」

「2、3年目は環境にも慣れてきて、何をするのも楽しめていました。いちばん思い出に残っているのは、Mobil1サポートチームが表彰台を独占したことですね。その瞬間にレースクイーンとして立ち会えたのは幸せなことだと思います」

「日本レースクイーン大賞では、私ひとりの力ではファイナリストになることができなかったと思います。たくさんの人たちに支えられて、みんなと一緒にひとつの目標に向かって頑張れたことが、なによりも幸せで大切な思い出になりました」と小林さん。今後はモデルとして活躍していくとのこと。

 そして、“プロレースクイーン”と評され、抜群の人気を誇る佐崎さんが最後の挨拶へ。

「今日は泣いてもいいかなと思っています。3年間、Mobil1レースクイーンを続けて、こんなにたくさんの方に卒業式に集まっていただき、本当にうれしいです。皆さんを驚かせてしまいましたが、Mobil1レースクイーン卒業は、私たちふたりが決めたことです。それぞれ、目標や希望があってここを卒業したいと決めました」

「Mobil1レースクイーン卒業をもって、10年間続けさせていただいたレースクイーン活動を引退することに決めました。最後の場所を、この大好きなチーム・インパルのブースで温かく迎えさせていただけて、うれしく思います」

「10年間、レースクイーンという仕事を考えて、一生懸命やってきました。緊張しやすいし、自分に自信がないし、いつも不安でいっぱいでした。でも、レースが楽しくて、チームが大好きで、みんなと一緒に応援できて、一緒に一喜一憂できるサーキットが大好きで、それだけでこの10年やってきたと思います」

「Mobil1レースクイーンが決まった時に、もうニッサンチームしか応援したくなくて、担当はインパルですよねって先に自分で言っていた記憶があります。フォーミュラでインパルのレースクイーンをやらせていただいたことがあり、星野監督のレースへのアツい姿勢やメカニックさんなどスタッフさんたちの職人魂を見て、このチームのレースに対する姿勢が大好きでした」

「大好きなチーム・インパルのブースで引退を宣言することができて、本当にうれしいです。Mobil1レースクイーンは、すごい和ませてくれる中和剤のような素敵なメンバーと一緒にやれて、もっとやりたい気持ちもありますが、2019シーズンが始まった時から、この1年が最後のシーズンと決めていました」

「本当にやりきって、10年頑張ったんだと証を残して旅立ちたいと思っています。事務所も辞めてしまいますが、有望な後輩たちが、私の背中を見て、さらに輝いてくれるとうれしいです」

「サーキットは楽しい場所だし、レースを知っていると、見ていてアツい気持ちになれるし、ぜひサーキットに足を運んでほしいです」と涙を流しながら語った

 集まったファンの方も涙を流す感動の卒業式となったMobil1レースクイーン2019卒業式。最後はインパルの星野一義監督も訪れ、感謝の言葉を伝えた。

人気のふたりからMobil1レースクイーンをバトンタッチされた知本さんと宮瀬さん。ふたりの今シーズンの活躍にも注目だ。

Mobil1レースクイーンをプロデュースする南香織さんも卒業式に登場しふたりにメッセージを送る
Mobil1レースクイーンをプロデュースする南香織さんも卒業式に登場しふたりにメッセージを送る

レースクイーン活動をやめる小林沙弥香さんと佐崎愛里さん
レースクイーン活動をやめる小林沙弥香さんと佐崎愛里さん