【自動車用語辞典:コネクテッドカー「ETC」】高速道路を走る時には欠かせない自動料金支払いシステム

■すでに利用率は90%を突破

●利便性を高めたETC2.0も登場

ETC(有料自動車道路の自動料金支払いシステム)は、すでに利用率が90%を超える高速道路の自動料金支払いシステムです。料金所に設置した路側通信機器とクルマに搭載したETC車載器の間でデータを授受することによって、自動的に高速料金を支払うシステムです。

現行のETCと普及し始めた進化版ETC2.0の仕組みとメリットについて、解説していきます。

●ETCの役割

ETCは、ITS(高度道路交通システム)の中で最も身近なシステムで、すでに利用率は90%を超えて定着しています。料金所に設置した路側通信機器とクルマに搭載したETC車載器の間で無線通信して、自動的に高速料金を支払うシステムです。

ゲート進入時には、入口料金所で路側アンテナからクルマのETC車載器に、入口情報(IC名称、時刻等)が送信されます。走行後の退出時には、出口料金所でETC車載器から路側アンテナに、入口情報が送信されます。その情報をもとに通行料金が計算され、路側アンテナからETC車載器に料金情報を送信します。

後日、料金は支払い口座から自動的に引き落とされます。

●ゲートは何km/hまで通過できる?

ETCゲート通過時には、車速20km/h以下で走行するように規定されていますが、実際のところ何km/hまで認識できるのでしょうか。

設計上は80km/h程度までは認識可能のようですが、20km/h以下というのは安全を考慮してのことです。例えば、前車がカードの挿入忘れや通信エラーなどによってバーが開かなった時に安全に止まれること、また前車が急ブレーキをかけた時に後続車が安全に止まれるように20km/h以下に設定されているようです。

ETCシステム
ETCシステム

●ETC2.0への進化

ETCの機能をさらに進化させたのが、ETC2.0です。

従来から推進されていたITSスポットサービスやDSRC(Dedicated Short Range Communication:狭域無線通信)技術を統合したETC2.0は、サービス内容を拡大し利便性を高めました。

ETC2.0路側通信機器は、全国の高速道路上の「ITSスポット」(約1700箇所)に設置されています。クルマに搭載されたETC2.0対応車載器との双方向通信によって、さまざまなサービスを実現します。周波数5.8GHz帯のDSRC通信は、従来から使われていた電波ビーコン(2.5GHz帯)に比べて高速で大容量の双方向伝送ができます。

●ETC2.0のメリット

ETC2.0の主要なサービスは、以下の3つです。

・通常の自動料金支払いサービス

・渋滞データを受信して最適ルートを選択するダイナミックルートガイダンス
県境を超えるような広範囲の道路交通情報がITSスポットからリアルタイムで配信され、最新情報に従った最適ルートの案内

・危険を予知して注意喚起によって安全運転を支援
例えば、落下物情報を事前に通知して安全に誘導、事故多発地点の注意喚起、地震情報の通報、さらにこれから向かう地域の天候状況や渋滞状況を画像で提供します。

その他にも、サービスエリアや道の駅などでカーナビからインターネットに接続できます。地域観光情報や施設情報にアクセスして、周辺の最新情報などが入手できます。


ETCに使われているDSRC(狭域無線通信)技術は、有料道路の自動料金支払いシステムの利用に限定されていました。2001年に法律が改正されて、ETC2.0に進化して種々のサービスに使えるようになりました。

ETCを進化させたETC2.0の狙いは、クルマと道路が協調することによる快適な運転と、道路交通システム全体の効率化の実現です。

(Mr.ソラン)