【RQ決定情報】東京オートサロンで2020年のRAYBRIGレースクイーンを発表。人気のふたりが継続へ

 1月11日に東京オートサロン2020のRAYBRIGブースで、スーパーGTに参戦するTEAM KUNIMITSUのレースクイーン『RAYBRIGレースクイーン』が発表された。

 10日にホンダが2020年のスーパーGT GT500クラスのチーム体制とドライバーラインアップを発表し、TEAM KUNIMITSUはジェンソン・バトンの代わりに牧野任祐が加入。エース山本尚貴とコンビを組みチャンピオン奪還を目指す。

 チームのレースクイーンを務めるRAYBRIGレースクイーンも毎年オートサロンで発表されるのが恒例となっており、2020年のレースクイーンを務めるふたりが1月11日に発表された。

 多くのファンがブースに駆け付け、RAYBRIGレースクイーン発表会がスタートする。まずは2019年のRAYBRIGレースクイーンを務めた沢すみれさんと相沢菜々子さんが登壇し、昨シーズンを振り返り感謝の言葉を述べる。また、2020年も新しいRAYBRIGレースクイーンへの変わらない応援を集まったファンにお願いし、2020年のRAYBRIGレースクイーン発表へと移る。

 今年もMCからフリップで公開。沢すみれさんと相沢菜々子さんが引き続きRAYBRIGレースクイーンを務めることが発表され、会場は温かい拍手と笑い声が響いた。

 発表が行われると涙を流す沢さんと相沢さん。

「(悲しませるような雰囲気になって)ごめんなさい。チームの皆様やスタンレー電気さんからもう1年とお声掛けいただき、頑張ってくれると期待を込めてくださったのだと思い、もう1年ここで頑張りたいと思い、継続させていただくことになりました」

「皆さんが思い描いているようなレースクイーンかどうかはわからないですが、サーキットなどでレースについて語り合って、同じ方向を向いて、結果をうれしがったり悔しがったり、一緒にチームを愛して、一緒に応援するレースクイーンを目指して、今年も頑張りたいです」と沢さん。

 相沢さんは、「次はレースクイーン3年目になります。中学校や高校だと3年生は最高学年になりますよね。3年学ぶと、それだけ責任もある立場になると思います。1年目は、何もわからない状態で皆さんに引っ張ってもらいました。2年目は、頼りになるパート―ナーがいて、なんでも教えてくださるチームの皆様がいました」

「本当にたくさんのことを教えていただきました。もらってばかりなので、今年こそは皆様に残せるものやお伝えできることがあればと思っています。後輩風を吹かさず、自分も責任を持って、モータースポーツ業界を盛り上げていきたいです」と意気込みを語った。

 王者奪還を目指すTEAM KUNIMITSU。2年目のコンビとなるRAYBRIGレースクイーンふたりの活躍にも注目だ。

レースクイーン発表のフリップを笑顔でみせる沢さんと相沢さん
レースクイーン発表のフリップを笑顔でみせる沢さんと相沢さん