トムスからモータースポーツの知見を生かした特別限定車『TOM’S SUPRA』と『TOM’S CENTURY』発表

 日本のトップレーシングチームであるトムスは、モータースポーツで鍛えた人、技術、ノウハウを結集したハイパフォーマンスカー『TOM’S SUPRA』と『TOM’S CENTURY』を1月10〜12日に行われた東京オートサロン2020で発表した。どちらも特別限定で注文受付を開始している。

 スーパーGT GT500クラス、全日本スーパーフォーミュラ選手権をはじめ、国内外のモータースポーツフィールドで数多くの栄冠を獲得してきたトップチームであるトムス。市販車でも、その知見を生かしたアフターパーツを投入し高い評価を得ているが、これらのノウハウを結集した凄まじいまでのハイパフォーマンスカーが2種類、東京オートサロンに展示された。

 まず1台目は、特別限定色のレジェンドグリーンをまとった『TOM’S SUPRA』だ。“THE SPORTS”をテーマに、レースエンジンのスペシャリストである前田光彦氏がパワー部門を、かつてF1で活躍し、国内モータースポーツでも活躍した“ダンパーの魔術師”寺本浩之氏がサスペンションを担当。トヨタテストドライバーの頂点、元トップガンの西島光義氏がテストを担当した。

 外装では、GT500車両と同サイズの全幅1,950mmまで広げられたワイドボディをもち、ドライカーボンで武装。前後、サイドのディフューザーで空力性能を高め、GTウイングやバンパーガーニッシュを装備する。

 驚くべきはそのパワーで、レースで培った技術を活かし開発された3リッター直列6気筒ターボエンジンは、パワーアップとレスポンス向上のどちらも実現。ハイフロータービン、ヒートエクスチェンジャーを強化。『トムス・バレル』というエキゾーストシステムを装備したほか、ECUチューニングにより、ノーマルの340PS/51.0kgfmから大幅にパワーアップした460PS/59.0kgfmを発生させるという。

 さらに、そのパワーを受け止めるシャシーは、専用ブレースで補強。ハンドリングレスポンスの向上と、コーナリング、ブレーキング、加速時に起きるボディのねじれを低減させ、ダンパーは細部に至るまで見直された。また、大パワーを受け止めるブレーキもフロントにブレンボを装備するなど、強化されている。

 一方、世界を席巻するヨーロッパの超VIPセダンに迫ろうかという迫力の『TOM’S CENTURY』は、国産最高級車として知られるセンチュリーが本来持つ高性能で高品質なパフォーマンスを継続しながら、より走行性能を高め、自らハンドルを握り運転を楽しむ“DRIVER’S CAR”として開発された。

 エンジン出力そのままでもスポーティな走行が可能ながら、独自開発のエキゾースト『トムス・バレル』とスロットルレスポンスの向上で、さらなる走行性能と上質で重厚なサウンドを実現。さらにエクステリアパーツの変更により、ベース車のデザインをアクティブなスタイリングへと変貌。さらに空力安定性も高めている。

 また室内空間にもこだわり、スポーティにもエグゼクティブにも変更が可能なフルオーダーメイドシートを採用。国内シート職人が手掛け、最高級ナッパレザーをはじめとする素材と無数のカラー、ステッチの組み合わせにより、乗る人の好みに合わせた自分好みのカスタマイズが可能となっているという。オートサロンではトヨタ自動車の豊田章男社長もこの『TOM’S CENTURY』を高く評した。

 車両本体価格は、『TOM’S SUPRA』が限定99台で14,230,000円(予価・消費税別)。『TOM’S CENTURY』は限定36台で、28,160,000円(予価・消費税別)。どちらも特別限定で1月10日から注文受付を開始し、2020年夏頃からデリバリー開始を予定している。

『TOM'S SUPRA』。限定99台で14,230,000円(予価・消費税別)
『TOM’S SUPRA』。限定99台で14,230,000円(予価・消費税別)

『TOM'S CENTURY』。限定36台・28,160,000円(予価・消費税別)
『TOM’S CENTURY』。限定36台・28,160,000円(予価・消費税別)