モチーフはあのホンダ車!? 現代版モトコンボは電動バイク!! シエンタのアゲでアウトドアへ【東京オートサロン2020】

クルマはトヨタだけど
モチーフはホンダホンダホンダホンダ♬

宮城トヨタGRガレージ MTG日の出町 東ホール7 ブースNO.753

TAS2020 東京オートサロン 宮城トヨタ シエンタ オフ系 MTG日の出町
コンパクトミニバンとしてお馴染みのシエンタを、アウトドア仕様にカスタマイズ!

全塗装によるベージュカラーにウッドパネルが映えるボディは、テインとのコラボにより製作されたオリジナルスプリングにより1インチリフトアップ。

あえてアルミを避け、無骨なスチールとしたホイールのコーディネイトも、作り手のセンスが感じられる。

オシャレな遊びゴコロは内装にも取り入れられ、リアゲートを開けると専用ホルダーに固定されたグラフィットバイク(電動バイク)が!

これはホンダが1981年に発売した名車、初代シティの「クルマ+モトコンポ」というアイディアを参考にしている。

実用的なファミリーカーというイメージが強いシエンタだけど、ひと手間加えるだけでここまで印象が変わるとは正直、オドロキだ!

ひと昔前に流行ったウッドパネルだが、今見ると逆に新鮮。オーバーフェンダーはLXモードとのコラボ製品で、厚みは9mmと車検にも対応。

3列目をカーゴスペースと割り切り、なおかつ2列目を分割させてグラフィットバイクを搭載。キャンプ先での行動範囲を広げてくれそうだ。

問:宮城トヨタ自動車
https://www.miyagi-toyota.co.jp

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部_高橋陽介]