手軽にブラックアウト! 新型デリカD:5をUSトラック風の新提案! ネオクラなサーフのカスタムコンプリートも見られる!【東京オートサロン2020】

最新のデリカD:5のデモカーと実際の納車時に近いイメージのハイラックスサーフを展示!

Weed&Mclimb/ウィード&エムクライム 北ホール9ブース NO.937

tas2020 weed ウィード エムクライム ノマド 東京オートサロン ホイール デリカ
4WD車のカスタムのスペシャリストでもあり、全国から人気を集めるプロショップであるウィード。今回の東京オートサロンでは、同社のオリジナルブランド「エムクライム」の最新アイテムを装着したデリカD:5と、コンプリート販売で実際の納車時のイメージに近いハイラックスサーフを展示!

USトラックを思わせる、圧倒的な存在感を放つカスタムパーツが装着されたデリカD:5。貼り付けを中心に、お手軽にボディ各部をマットブラックすることができる。このボディキットの名称は黒魔術師を意味する「WARLOCK(ワーロック)」となり、重厚な存在感が魅力的だ。

また、兵庫県に店を構えるウィードは、関西のユーザーは勿論、関東のユーザーからも厚い信頼も集めている。そんな関東のユーザーへ向けて、実際の納車時に近いイメージのハイラックスサーフのデモカーも展示している。

なかなかショップまで足を運ぶことが難しいユーザーにとってはまたとない機会となっていて、直接クルマの質感を確認したり、ブースに常駐しているショップスタッフに気軽に相談できるチャンスなのだ!

見逃せない&気になる。そんな気持ちをもっているアナタは是非ブースに遊びに行って欲しい!

黒魔術師を意味する「WARLOCK(ワーロック)」を冠したボディキット。お手軽にボディ各部をマットブラック化することができる。

USトラックを思わせる、重厚な存在感を放つフロントグリル。この他にもフロントバンパーカバー・オーバーフェンダー・リアバンパーカバー、リフトアップパーツを装着。

オリジナルブランド「エムクライム」のノマドをデモカーは装着。上質な雰囲気を醸す、細身フィンのコンケイブデザインがトピック。

納車時のイメージに近い、ネオクラシカルなハイラックスサーフ XCスタイルも同時に展示。お店に行くのが難しいユーザーには、直接見ることができるまたとないチャンス!

エムクライムのルーフキャリアをデモカーへ装着。利便性を上げるだけでなく、オフロードな雰囲気を演出するのにも役立つ逸品。

室内にはオリジナルステアリングほか、インテリアパネルや専用シートカバー、フロアマットなどオリジナルアイテムを多数装着している。

デビューから25年ほど経つハイラックスサーフだけに、気になるのが内装パーツの痛み。専門に扱うウィードだからこそ、内装パーツのリフレッシュも徹底的に行う。

問:ウィード 0794-73-8000 https://www.weed10.com

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部_及川康太]