フォードGTなど計7台とラグナ・セカを追加。グランツーリスモSPORTに12月アップデート配信

 好評発売中のプレイステーション4用ソフト『グランツーリスモSPORT』に12月のアップデートとなる“1.53”が配信された。今回のアップデートでは2017年モデルのフォードGTや、993型ポルシェ911といったスポーツカーをはじめ、トヨタ・クラウン、フォルクスワーゲン・ゴルフなどが追加された。さらにルノー・スポール・メガーヌやダッジ・チャージャー、クラウンのセーフティカーモデルも新たに収録されている。

 2017年10月の発売以降、定期的なアップデートにより続々と新たな車両やコースなどが登場しているグランツーリスモSPORT。12月の更新では、新型フォードGTから各種セーフティカーまでの計7台が新規収録されたほか、“コークスクリュー”で有名な『ウェザーテック・レースウェイ・ラグナ・セカ』がコースラインアップに加わった。

 今回登場した新モデルの1台であるフォードGTは、フォード・パフォーマンス・ビークルズとマルチマチックが設計・開発し、2015年に世界初公開されたスーパースポーツモデルだ。初代フォードGTの流れを汲むデザインと現代の空力技術が融合したボディの下には、3.5リットルV6ツインターボエンジンを搭載。その最高出力は600馬力に達する。

コークスクリューを駆け下りる新型のフォードGT '17(N700)
コークスクリューを駆け下りる新型のフォードGT ’17(N700)
フォードGT '17(N700)/リヤビュー
フォードGT ’17(N700)/リヤビュー
フォードGT '17のインテリア。デジタルメーターも忠実に再現されている
フォードGT ’17のインテリア。デジタルメーターも忠実に再現されている

 もう1台のスポーツカーはポルシェから登場した993型ポルシェ911カレラ・RSクラブスポーツ ’95だ。993型は長い歴史を誇るポルシェ911シリーズの4代目。先代の964型から外観デザインが一新され、また最後の空冷エンジン搭載モデルとなったことから、その名を知る人も多いはず。

 RSクラブスポーツは、そんな993型911のエアコンやパワーステアリングは残しつつ、後部座席を取り外すなどの軽量化を行った1台だ。

ポルシェ911カレラ・RSクラブスポーツ '95(N300)/サイドビュー
ポルシェ911カレラ・RSクラブスポーツ ’95(N300)/サイドビュー
ポルシェ911カレラ・RSクラブスポーツ '95(N300)/リヤビュー
ポルシェ911カレラ・RSクラブスポーツ ’95(N300)/リヤビュー
ポルシェ911カレラ・RSクラブスポーツ '95(N300)/インテリア
ポルシェ911カレラ・RSクラブスポーツ ’95(N300)/インテリア

 この他、12月のアップデートでは初代ゴルフの最終モデルであるフォルクスワーゲン・ゴルフ I GTI ’83、日本メーカーからは2013年型のトヨタ・クラウン アスリートGが追加されている。

 また、これと同時にクラウンのセーフティカーモデルもゲーム内に登場した。このクルマをリバリーエディターで、デザインを変更すれば、スーパーGTでのパレードラップでおなじみの、あの“白黒マシン”に変更することもできるだろう。

 そのほかにも、すでに収録済みのルノー・スポール・メガーヌR.S. Trophy、ダッジ・チャージャーSRT ヘルキャットの2車種にもセーフティカーモデルが新登場。なお、セーフティカーモデルはブランドセントラルでは購入できず、マイレージストアでの入手となるのでご注意を。

フォルクスワーゲン・ゴルフ I GTI '83(N100)/フロントビュー
フォルクスワーゲン・ゴルフ I GTI ’83(N100)/フロントビュー
フォルクスワーゲン・ゴルフ I GTI '83(N100)/リヤビュー
フォルクスワーゲン・ゴルフ I GTI ’83(N100)/リヤビュー
フォルクスワーゲン・ゴルフ I GTI '83(N100)/インテリア
フォルクスワーゲン・ゴルフ I GTI ’83(N100)/インテリア
トヨタ クラウン アスリートG ‘13(N300)/フロントビュー
トヨタ クラウン アスリートG ‘13(N300)/フロントビュー
トヨタ クラウン アスリートG ‘13(N300)/リヤビュー
トヨタ クラウン アスリートG ‘13(N300)/リヤビュー
トヨタ クラウン アスリートG ‘13(N300)/インテリア
トヨタ クラウン アスリートG ‘13(N300)/インテリア
追加されたセーフティカーの3台。リバリーも可能なので各国のパトカー風にしてみてもいいかもしれない
追加されたセーフティカーの3台。リバリーも可能なので各国のパトカー風にしてみてもいいかもしれない

■ラグナ・セカが新規コースとして追加

 新規コースとして追加されたのは、アメリカ・カリフォルニア州北部にあるラグナ・セカ。このコースは周辺を砂漠に囲まれているのが特徴で、トラック特性は、低・中速コーナーが中心のテクニカルコースだ。“コークスクリュー”と呼ばれる、15メートルほどの高低差を一気に下るシケイン状のコーナーは同トラックの名物のひとつだ。

 また写真撮影ができるスケープスモードでは、特集に“ラグナ・セカ – コークスクリュー!”が追加され、コースを習熟できるサーキットエクスペリエンスにも同コースが新たに加わっている。

ラグナ・セカを走行するGr.3マシンたち
ラグナ・セカを走行するGr.3マシンたち
名物コーナー“コークスクリュー”を駆け下りていくオールドアメリカンマシン
名物コーナー“コークスクリュー”を駆け下りていくオールドアメリカンマシン
新規追加されたラグナ・セカのホームストレートとピット周辺
新規追加されたラグナ・セカのホームストレートとピット周辺

 このほか、シングルプレイモードのGTリーグに7つのラウンド追加などが行われている今回のアップデートは12月18日より配信がスタートしている。アップデートの詳細はグランツーリスモSPORT公式サイト(https://www.gran-turismo.com/jp/news/00_4538854.html)まで。

富士スピードウェイの100Rを走行するトヨタ・クラウン アスリートG セーフティカー(N300)
富士スピードウェイの100Rを走行するトヨタ・クラウン アスリートG セーフティカー(N300)
ラグナ・セカを走行するダッジ・チャージャーSRT ヘルキャットのセーフティカー
ラグナ・セカを走行するダッジ・チャージャーSRT ヘルキャットのセーフティカー

©2019 Sony Interactive Entertainment Inc. Developed by Polyphony Digital Inc.
Manufacturers, cars, names, brands and associated imagery featured in this game in some cases include trademarks and/or copyrighted materials of their respective owners. All rights reserved. Any depiction or recreation of real world locations, entities, businesses, or organizations is not intended to be or imply any sponsorship or endorsement of this game by such party or parties. “Gran Turismo” logos are registered trademarks or trademarks of Sony Interactive Entertainment Inc.