ボッタス、最後尾から4位「表彰台まで0.944秒。楽しいレースだった」:メルセデス F1アブダビGP

 2019年F1アブダビGP決勝で、メルセデスのバルテリ・ボッタスは最後尾から4位を獲得した。

 予選で2番手タイムをマークしたものの、パワーユニットの交換により最後尾20番グリッドから、ユーズドミディアムタイヤでのスタートとなった。29周目にハードに交換する1回ストップで走り、3位シャルル・ルクレールの0.944秒後方にまで迫った。

■メルセデス-AMG・ペトロナス・モータースポーツ
バルテリ・ボッタス 決勝=4位
 シーズン最終戦としていいレースができたと思う。オーバーテイクを繰り返して楽しく走った。今日はマシンの力を最大限まで引き出せた。終盤、シャルルのすぐ後ろまで追いついたが、彼をオーバーテイクするには至らなかった。表彰台が見えていたんだけどね。

 序盤はついてないことに(サーバートラブルにより)しばらくDRSの使用ができず、そのためにオーバーテイクが本来よりも難しくなった。それでもポジションを上げつつ、ミディアムでのスティントを引き延ばすことで、最終的にいい結果をつかんだ。

 僕にとってここまでのキャリアのなかでベストシーズンだった。去年よりもはるかにいい状態だから、2020年にはまた攻めていくよ。