ベッテル5位「DRSトラブルでソフトタイヤのアドバンテージを生かせず」:フェラーリ F1アブダビGP

 2019年F1アブダビGP決勝で、フェラーリのセバスチャン・ベッテルは5位だった。55周のレースを4番グリッドからソフトタイヤでスタート、12周目にハードに、38周目にミディアムに交換する2回ストップで走った。

 上位の他のドライバーたちと異なりソフトタイヤでスタートしたベッテルだが、レース序盤、データサーバーのクラッシュにより全ドライバーがDRSを使えない事態になったことが、戦いに影響したと語っている。

 2019年ドライバーズ選手権で、ベッテルは5位を獲得した。

2019年F1第21戦アブダビGP チームと記念撮影をするセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)
2019年F1第21戦アブダビGP チームと記念撮影をするセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)

■スクーデリア・フェラーリ
セバスチャン・ベッテル 決勝=5番手
 スタート直後、行き場がなくなった。(序盤に)DRSが使えなかったことも不利に働いた。(前を走る)マックス(・フェルスタッペン)に対して僕にはタイヤのアドバンテージがあったけれど、そのタイミングでDRSが使えなかった。そして周回を重ねていくうちに、タイヤのアドバンテージは減っていったんだ。

 最初のピットストップの後、あまり速さがなかったのでもう一度ピットに入った。それによってポジションをふたつ落とし、ひとつは取り戻せたが、今日のメルセデスはとにかく速くて、それ以上は無理だった。

 全体的に見て、僕らは今年、期待していたようなシーズンを送ることができなかった。その理由ははっきりしているし、学習もした。来年はそれを生かして戦わなければならない。

 チームとして成長していく必要があるが、僕自身にとっても理想的な一年ではなかった。外から見るほど悪くはないにしてもね。小さなことが積み重なって、最終的に素晴らしくは見えないような状況に陥っていった。

 僕自身、もっといい仕事ができることは分かっている。進歩することが来年の目標だ。来年のマシンがライバルたちと戦えるような強力なパッケージであればいいね。この後はテストに集中し、休暇も楽しむよ。