さらばEJ20エンジン! インプレッサWRXの中古に乗るなら今だ!!【気になる中古スポーツカー・バイヤーズガイド】

■いよいよEJ20が生産終了! EJ20搭載のインプレッサはもう中古でしか乗れない

●相場が落ち始めたGD系、下げ止まったGR系は今が買い時か!?

先日の東京モーターショー2019で、スバルから衝撃的な発表がされました。1989年に発売された初代レガシィに搭載されて以来、長くスバルの高性能エンジンを代表してきた水平対向4気筒ターボ、EJ20型が生産を終了するとアナウンスされたのです。

EJ20は、レガシィだけでなくインプレッサおよびWRX、さらにはフォレスターやエクシーガにも採用された名エンジンです。当初は220psの最高出力でしたが、国内自主規制値である280psに発展し、最終的には308psにまで到達しています。そんな2リッターエンジンとして世界最高峰に位置する名機が、ついに生産を終了してしまうのです。

EJ20が生産終了されるとあって、EJ20搭載の最終モデル「WRX STI EJ20ファイナルエディション」が555台限定販売されました。もう手に入らないとなると欲しくなるのが人情です。優先購入権の申し込みには多くの方が応募されたようです。

そして、EJ20を積む代名詞でもあったのがインプレッサWRX。すでに中古でしか手に入らないモデルですが、これから人気が急上昇して中古車相場が激変する可能性があります。

そこで歴代インプレッサWRXを得意としている中古車ショップに、現状での中古車相場と今後の動向がどう推移すると考えているのか聞いてみました。お伺いしたのは、関東・近畿地方を中心に、北海道から九州まで店舗を構えるスポーツカー専門店のGTNETさん。関東でインプレッサの在庫が有数規模である「GTNET埼玉」の川本雄一店長を直撃してみました。

ショップ外観
お話を聞いたのはスポーツカーを専門に全国展開しているGTNETのGTNET埼玉さん。国産スポーツ全般を常時在庫していて歴代インプレッサも揃っています。
整備工場
GTNET埼玉さんには整備工場が併設されています。通常のメンテナンスやモディファイのほか、エンジンのオーバーホールなど重整備にも対応しています。
川本店長
お話を聞いたのはGTNET埼玉の川本雄一店長。車種を問わず国産スポーツカーの知識や取扱経験が豊富です。インプレッサにも精通しているスペシャリストです。

●初代「GC8」の流通量は少ないがクーペの人気が急上昇中

「インプレッサWRXの初代GC8に関しては、圧倒的に流通量が減っています。今は、1年前の半分以下まで減ったというのが実感です。ですが、以前は過走行だったり、外装や内装の状態が非常に悪かったりする粗悪車が7割くらいありました。今はそれがなくなり、残り3割の状態が良いものだけが流通しているような状態です」

GC8
1992年に発売された初代インプレッサセダンWRXであるGC8型。当初は4ドアセダンのみ。

年式が古くなるに従い、程度の悪いクルマが淘汰されてきたのでしょう。GC8は発売が開始されてから27年が経っています。最終年式でも19年落ちです。これくらい古くなると、さすがにそのままで安心して乗れるコンディションの車両は限られてしまいます。

また、名機EJ20もGC8時代はクランクメタルが弱く、扱い方によっては焼きついてしまうことがあります。川本店長も「過去に何台かエンジンをオーバーホールしています」というくらい、メジャーなトラブルです。そんな初代GC8が今後、相場を上げることがあるのでしょうか。
「ここ1年くらいでしょうか、GC8クーペの人気が急激に高まっています。それもタイプR限定です。タイプRAだと100万円以内から選べますが、タイプRは150万円から200万円で推移してます」。

クーペWRXタイプR STi
1996年に追加発売された初代インプレッサのクーペWRXタイプR STi。

ただし、この現象は限定的なもののようです。「インプレッサWRXはその後もシリーズが続いていますから、GC8より涙目のGDBが、それよりも壊れないGRBが良いとなるのではないでしょうか」と川本店長は、一時的な傾向と考えているそうです。

そもそも新車販売台数が少ないGC8クーペですので、希少価値が出てきたとも言えます。とはいえ、これは年数が経って数が少なくなってきただけのことかもしれません。川本店長も「22Bなどの特殊なクルマ以外は、今後急激に相場が上がるとは思えません」とのことです。

現在の相場はWRX STiで50万円から100万円の間で推移しています。高いものでも130万円ほどで、タイプRだけが150万円以上となっています。

●2代目「GD」系は高値安定だがGDBに異変あり!?

2代目のGD系はどうでしょう。世界ラリー選手権WRCでチャンピオンを獲得した最後の世代ですので世界中にファンが多く、中古車相場も高値安定に思えます。「この2、3カ月のことですが、GDBは相場が落ち始めました」と衝撃的な事実を教えてくれました。

GDB前期
2000年に発売された2代目インプレッサWRXのGDB前期である通称「丸目」モデル。

「年式的な問題で欲しいけれど壊れそうだからGRBにしようか、というお客さんが増えてきたように思います」。やはり古くなればトラブルの可能性が高まります。これが相場に反映され始めたのでしょう。実際GTNETさんの在庫でも200万円を超えるGDBは少なく、ほとんどが150万円以内になっています。

現在の相場では、前期の丸目が50万円から130万円まで。中期の涙目では80万円から170万円くらいの間にあります。これはマイナーチェンジした後の鷹目になっても同様で、20万円ほど相場が上になる程度。どうやら買いやすい状況が続きそうです。

GDB中期モデル
2002年にマイナーチェンジして通称「涙目」と呼ばれるGDB中期モデル。
GDB後期モデル
2005年にマイナーチェンジして通称「鷹目」と呼ばれるGDB後期モデル。

●3代目「GRB」の相場は下げ止まり。狙い目はATモデル

3代目のGRBではどうでしょう。「しばらく相場を下げ続けてきたGR系ですが、ここにきて相場が安定しました。200万円を切っているのは変わりありませんが、下げ止まった状況です」。おそらくGDBでは年式的に不安を覚える人がGRBに流れた結果、下がり続けた相場を押し留めたようです。

GRB型
2007年に発売された3代目のGRB型。5ドアボディでスタートするが2010年にセダンWRXを追加。

それを裏付けるように、ATモデルのGRFは人気が急激に落ちています。「MTモデルに比べてATモデルの相場は少し下にあり、平行線的に下がっていました。ところが、今は極端にATモデルの相場が下がりました。ATのGRFなら100万円を切っていますので、お買い得です」というのです。やはりスポーツカーはセカンドカー的な扱いが多く、趣味のクルマにはMTで乗りたいと考える人が増えてきたのでしょう。

100万円以内まで相場を下げたATのGRF。MTのGRBでも120万円、130万円くらいの売り物が多いのが現状です。中には200万円を超えるものもありますが、数は少なくなったようです。

今回の取材でお話を聞いていて感じたのが、インプレッサWRXに乗る層が変わってきたということです。川本店長も「以前ならマニアックなメンテナンスを希望されるお客様が多かったのですが、最近では油脂類を交換するだけで普通に乗りたいというお客様ばかりになりました」と証言しています。

走りに振ったカスタムやメンテナンスをして性能を堪能するのが過去の乗り方だとすれば、今は普通のクルマと同じように扱いつつ、時にスポーツカーらしい走りを味わうスタイルへと変化したようです。客層はスポーツカーを諦めたくない中高年層から20代の独身男性まで幅広いのですが、この傾向はいずれの世代にも共通しています。

●GC8はマフラーのサビ、GDBはアッパーマウントに注意

では、各世代のインプレッサをこれから購入する場合は、どのような点に注意すればいいのでしょうか。川本店長は「GC8以降の世代であれば、それほど気にしなくても大丈夫です。弊社では15万キロ以上走行しているクルマは扱わないようにしていますので、トラブル続きになるようなことはありません。ただ、GC8ではボディのサビに注意してください。特にマフラーは錆びやすい部分です」とのことです。GDB以降でしたら、このような心配は少なくて済みます。

「GC8ですとトランクに雨水が溜まってしまうクルマもあります。ウエザーストリップの消耗が原因ですが、これによりサビを誘発してしまいます。内装ではセンターと助手席前の小物入れがメーカー欠品です。ここが痛んでいると新品部品で修理できないことがありますので注意していただきたいポイントです」。年式の古いモデルでは内装や外装の補修部品供給を打ち切る場合があります。

GDBではどうでしょう。「リヤサスペンションのアッパーマウント付近からコキコキと音が出るケースがあります。部品交換しても音が消えないことがありますので、ボディ側の問題かもしれません」。ここが一番多いトラブルで、解決が難しいポイントでもあります。涙目や鷹目ではラジエターのパンクも多いのですが、「すでに交換されているクルマがほとんどです」ということで、それほど神経質にならなくても大丈夫のようです。ですのでGRB以降になると、トラブルの心配はほぼいらないということです。

最後に、インプレッサWRXの今後の相場がどう推移するか聞いてみました。「来年、東京オリンピックが開催されるので数多くの外国人観光客が来日されます。そのついでに、日本のスポーツカーが好きな外国人は中古車を見て回ると思うのです。実際、今までも当店には外国人観光客が来店されています。そうなったとき、どうなるかがポイントになりそうですね」と、川本店長。やはり海外からの引き合いが相場に与える影響は少なくないようです。

「アメリカで25年縛りがあるというのは有名ですが、カナダでは15年以上経過していれば新車販売していなかった外国のクルマが登録できます。だからカナダで登録して乗られる方もいらっしゃいますし、東南アジアでもインプレッサなど国産車はすごい人気です」。海外のファンの間では、2代目GD系の人気が高いようです。

さて結論ですが、EJ20の生産終了と合わせて、今後相場がどのように動くかは未知数です。ただ、相場が落ち始めたGD系、下げ止まったGR系は今が買い時、と言えるのではないでしょうか。

●GTNET埼玉さんで見つけたインプレッサの中古車をチェック!

【1台目】貴重な初代GC8の限定車22B-STiバージョンを発見!

22B-STiバージョンのフロント
世界ラリー選手権WRCで3連覇を成し遂げたインプレッサ。そのロードバージョンとして専用ボディパネルや2.2リッターのEJ22改を搭載する400台限定の22B-STiバージョン。新車価格は500万円でしたが、その後海外を中心にプレミア価格で売買され、今やその相場は1500万円以上。貴重なモデルでも在庫しているのがGTNETさんです。
22Bのリヤ
大変貴重な22Bですが、こちらの車両は走行距離が12万キロを超え修復歴があるため900万円と格安。レストアされているのでピカピカです。
22Bのプレート
22Bには400台限定のうちの何台目かを記すプレートがセンターコンソールに装備されています。こちらは337台目であるとわかります。
22Bのシート
12万キロ以上走っているとは思えないほど室内の程度は良好です。ステアリングやシフトノブの赤いステッチが鮮やかで清潔感もあります。
22Bのシート
センターの青い部分が色あせてしまうことが多いフロントシートですが、こちらは色あせナシです。
22Bのホイール
純正でBBS製鍛造アルミホイールが採用されていました。ガリ傷すらなく驚くほど良い状態です。
22Bのエンジン
2.2リッターに拡大されたEJ22改エンジンは消耗部品が交換されているので安心です。

【2台目】10万キロ超えだから108万円の魅力的プライス!

2002年式のフロント
2002年式インプレッサWRX STIで人気のWRブルーボディですが、走行距離が11万キロを超えているためか108万円です。修復歴はありませんので安心できそうです。
2002年式のホイール
ゴールドの純正アルミホイールも人気アイテムです。こちらも傷がなく良い状態を保っています。
2002年式のステアリング
11万キロ走行しているのにステアリングホイールの状態が良く、丁寧に乗られていたと思われます。
2002年式のシート
シートの状態も走行距離を考えたら非常に良いと言えます。
2002年式のエンジン
エンジンはノーマルのまま維持されていますが、マフラーだけ湾岸マフラーに変更されています。

【3台目】STiコンプリートカーのS203! 社外パーツも充実

S203のフロント
2005年式インプレッサS203です。当時555台限定で発売されたSTiのコンプリートカーで、Buddyclub製車高調や社外フロントバンパーが装着されて148万円です。
S203のホイール
WRブルーのボディにレイズ製17インチアルミホイールが映えます。ブレンボ製キャリパーを装着しています。
S203のインパネ
走行距離が12万キロを超えていますが、室内の状態も文句ありません。
S203のシート
シートの状態も悪くありません。若干ヘッドレストに褪色があります。
S203のエンジン
STiによりチューニングされたEJ20は320psを発生しました。今でも第一線級の実力です。

【4台目】2.5リッターターボと5速ATが魅力の「STI Aライン」

STI Aラインのフロント
2011年式インプレッサWRX STI Aラインです。2009年に追加された2.5リッターターボと5速ATを組み合わせたAラインで、車検が令和2年8月まで残り走行距離が6.2万キロ。税込128万円です。
STI Aラインのエンジン
WRX STI史上初のAT車には専用の2.5リッターシングルターボが採用されました。EJ25は300psを発生します。
STI Aラインのインパネ
6万キロしか走っていませんので室内は極上に近いほどキレイです。ストラーダHDDナビを装備してます。
STI Aラインのメーター
メーターには62353kmの走行距離が表示されています。その左はシフトインジケーターです。
STI Aラインのシート
赤いステッチが鮮やかなまま残るフロントシートはキレイなものです。運転席はパワーシートです。

【4台目】「インプレッサ」の名前が付く最後のWRX

2012年式のフロント
2012年式インプレッサWRX STIでインプレッサと名前が付く最後のWRXです。走行距離が5.6万キロ、車検受渡し状態で258万円です。これ以上望み得ないほど良い状態と言っていいでしょう。
2012年式のホイール
GRBの4ドアセダンです。18インチ鍛造アルミホイールにブレンボ製ブレーキキャリパーと装備は一流です。
2012年式の室内
5万キロ台だから当然ですが室内は極上といっていいレベルです。カロッツェリアナビを装備しています。
2012年式のシート
文句のつけようがないフロントシートです。アルカンターラとハーフレザーの組み合わせです。
2012年式のエンジン
ノーマルのEJ20エンジンは308psを発生します。排気系だけBLITZ製マフラーに変更されています。

取材協力:GTNET埼玉 埼玉県川口市芝7209-1 TEL048-499-3300

※このページで紹介している中古車は、取材時点での情報です。

(写真・文/増田満)