スーパーフォーミュラ合同&ルーキーテスト、エントリー第2弾が発表。ThreeBond Drago CORSEから松下信治が参加

 12月2日、日本レースプロモーション(JRP)は12月4〜5日に鈴鹿サーキットで行われる全日本スーパーフォーミュラ選手権の合同テスト・ルーキードライバーテストのエントリーリスト第2弾を発表した。

 今回の発表では、多くのチームのエントリーが明らかになった。先日開催されたJAFモータースポーツ表彰式にてルーキーテストへの参加を発表したサッシャ・フェネストラズは、その発表通りKONDO Racingからテストに参加。フェネストラズがドライブするのは4号車で、3号車は今年スーパーフォーミュラで初優勝を飾った山下健太が引き続きドライブする。

 一方2019年シーズンをKONDO Racingの4号車で戦った国本雄資は、carrozzeria Team KCMGから参加する。国本がドライブするのは018号車だ。

 2020年シーズンよりスーパーフォーミュラに復帰するThreeBond Drago CORSEは、エントリー台数が2台に変更。12号車には、今シーズン全日本F3選手権に参戦したシャルル・ミレッシがエントリー。さらに012号車からは、FIA-F2を戦い終えたばかりの松下信治がテストに参加することになった。

 REAL RACINGの17号車は塚越広大で、VANTELIN TEAM TOM’Sの37号車は2019年シーズンのチャンピオンに輝いたニック・キャシディがドライブする。

 この第2弾が発表された時点でエントリーリストのドライバー欄がTBNのままなのは、DOCOMO TEAM DANDELION RACINGの1号車と5号車、VANTELIN TEAM TOM’Sの36号車、B-Max Racing with motoparkの50号車と51号車だ。

 そしてTCS NAKAJIMA RACINGの64号車は、エントリーリスト第1弾が発表された時点ではアレックス・パロウの名前が掲載されていたが、この第2段になってTBNとされている。誰が64号車でテストを行うのか、気になるところだろう。

 エントリーリスト第2弾は以下の通りだ。

全日本スーパーフォーミュラ選手権
公式テスト/ルーキーテスト エントリーリスト(12/2)

No Driver Team Engine
1 TBN DOCOMO TEAM DANDELION RACING Honda/M-TEC
5 TBN DOCOMO TEAM DANDELION RACING Honda/M-TEC
3 山下健太 KONDO Racing TOYOTA/TRD
4 サッシャ・フェネストラズ KONDO Racing TOYOTA/TRD
8 片山義章 UOMO SUNOCO TEAM LEMANS TOYOTA/TRD
12 シャルル・ミレッシ ThreeBond Drago CORSE Honda/M-TEC
012 松下信治 ThreeBond Drago CORSE Honda/M-TEC
15 ユーリ・ビップス TEAM MUGEN Honda/M-TEC
16 野尻智紀 TEAM MUGEN Honda/M-TEC
17 塚越広大 REAL RACING Honda/M-TEC
18 小林可夢偉 carrozzeria Team KCMG TOYOTA/TRD
018 国本雄資 carrozzeria Team KCMG TOYOTA/TRD
19 関口雄飛 ITOCHU ENEX TEAM IMPUL TOYOTA/TRD
20 平川亮 ITOCHU ENEX TEAM IMPUL TOYOTA/TRD
36 TBN VANTELIN TEAM TOM’S TOYOTA/TRD
37 ニック・キャシディ VANTELIN TEAM TOM’S TOYOTA/TRD
38 石浦宏明 JMS P.MU/CERUMO・INGING TOYOTA/TRD
39 坪井翔 JMS P.MU/CERUMO・INGING TOYOTA/TRD
50 TBN B-Max Racing with motopark Honda/M-TEC
51 TBN B-Max Racing with motopark Honda/M-TEC
64 TBN TCS NAKAJIMA RACING Honda/M-TEC
65 牧野任祐 TCS NAKAJIMA RACING Honda/M-TEC