実は初代はコチラです! スバル・GH系インプレッサXV(2010年6月〜2012年2月)|中古車選びに役立つ「当時モノ」新車レビュー

ワイルドなスタイリングの
クロスオーバーモデルを追加設定


SUBARU/IMPREZA XV
スバル/インプレッサ エックスブイ(GH系) 2010年6月デビュー


スバル SUBARU インプレッサXV 2010 2011 2012 新車 試乗記 新車レビュー 当時モノ
この度、一部改良を敢行したインプレッサ。グレード毎の仕様・装備の見直しや新しいボディカラーの設定などによる商品力アップが主な狙いで、特に際立ったトピックはない。

ところが機を同じくして新しいバリエーション、インプレッサXVが登場した。インプレッサをより広く、新たなユーザー層にアピールするべく誕生したモデルだ。

エクステリアを見ても判る通り、インプレッサXVはノーマルの5ドアボディをベースにSUV的な要素を盛り込んだクロスオーバーテイストのルックスが最大の特徴だ。

フロントビューは、XV専用デザインのバンパー&グリルによって標準車とは一風異なる一体感を感じる顔つき。標準車より押し出し感も強い。

そしてもっとも目を惹くのはワイド感、ボリューム感タップリのホイールアーチだ。サイドクラッディングによるホイールアーチは、前・後バンパー~サイドシルとも連動しており、カッチリと引き締まった下半身からなるスポーツSUVテイストを巧みに醸し出している。

ホイールもXV専用となり、ダークハイラスター塗装の16インチアルミが標準だ。この下半身とのバランスを考慮して専用の大型ルーフスポイラー、ラダータイプのルーフレールを装着し、全体のバランスを整えている。意外なほどに違和感はなく、むしろインプレッサシリーズ全体のイメージアップを果たしそうな好感度の高いルックスだ。

インテリアは、シートの一部とステッチにブラウン色を採用し、標準車とは異なるスタイリッシュさをアピール。ドアアームレストとセンターコンソールリッドはシートと同じ素材の表皮をあしらい、やはりブラウンのステッチが施されている。

メーターは視認性の良いホワイトルミネセントメーターだ。

エンジンは標準車に準じた1・5ℓNAと2ℓNAの2タイプを設定。いずれもFFとAWDを用意している。ミッションはMTモード付き4速ATで、1・5ℓには5速MTも設定されている。

足まわりは標準車よりも若干キビキビ感を出す方向でチューニングされており、ダンパー減衰力の最適化を行い、リアスタビライザーを装着。といっても標準車と極端に異なるチューンではなく、あくまでもルックスに主眼を置いたSUVテイストがインプレッサXVの本道。

そのため車高も足まわりそのものによる標準車との違いはない。

フロントグリル、フロントバンパーともに専用デザインで、一体感のある力強いフェイスを形成している。

ボディサイドまで回り込む大型のルーフスポイラーが、スポーティなリアまわりを演出する。

視認性に優れるホワイトルミネセントメーターを採用。メーカーオプションのオーディオ一体型ナビはボタンレイアウトをL 字配置に変更、操作性が高められた。

シートの一部とシートステッチにブラウン色を採用。またドアアームレストとセンターコンソールリッドにシートと同素材の表皮を使用するとともに、シートと同様ブラウンのステッチを施し、上質感を演出。

ホイールアーチ部にサイドクラッディングを装着し、フロントバンパーからホイールアーチ、サイドシル、リアバンパーまで黒色パーツを連続させることで精悍なスタイリングを実現している。

※記事の内容、価格、スペック等は2010年6月のデビュー当時のものです。その後の一部改良等で変更になっている可能性もあります。

※スタイルワゴン2010年8月号より