400馬力のPHEVも用意。ボルボのフラッグシップセダン「S90」の改良型プロトタイプを発見

■エクステリアを刷新、「XC90」からPHEVシステム流用

ボルボのフラッグシップ・4ドアサルーン「S90」の改良型プロトタイプをカメラが初めて捉えました

ボルボ S90外観_002
ボルボ S90改良新型 プロトタイプ

S90は、2016年のデトロイトモーターショーで初公開。同社新世代プラットフォーム「SPA」を採用したプレミアムセダンで、日本市場では2017年2月、限定500台が発売されています。

ボルボ S90外観_005
ボルボ S90改良新型 プロトタイプ

捉えた開発車両は、フロントバンパー及びテールラート周辺、エキゾーストシステムがテープでカモフラージュされており、デザインやグラフィックが刷新、テールライトは立体感が持たされる可能性もあります。

またヘッドライトのシルエットは同じですが、LEDを目立たせ、内側のランプがわずかに異なっているように見えます。

ボルボ S90外観_003
ボルボ S90改良新型 プロトタイプ

目玉は、フラッグシップ・クロスオーバーSUV「XC90」から流用されるパワートレインで、2.0リットル直列4気筒スーパーチャージャー+電気モーターにより最高出力400psを発揮する「T8 プラグインハイブリッド」などが設定されます。

室内では、無線によるアップデート、統合されたGoogleアシスタント、その他接続サービスを備えた最新のAndroidベースのインフォテイメントシステムを搭載する予定だといいます。S90改良型のワールドプレミアは、2020年内が有力です。

(APOLLO)