BMW製V12を搭載! ロールスロイス ゴーストが10年ぶりのフルモデルチェンジへ

■カリナンの「Architecture of Luxury」プラットフォーム採用でクーペ風に

ロールスロイスの4ドアサルーン「ゴースト」の新型プロトタイプがニュルブルクリンクで高速テストを開始しました。

ロールスロイス ゴースト外観_001
ロールスロイス ゴースト 新型プロトタイプ

ゴーストは2009年に「ロールスロイス200EX」として初公開された後、4月の上海モーターショーにて「ゴースト」に改名、日本市場には2009年から投入されています。

同社のフラッグシップモデル「ファントム」の下に位置し、ライバルにはベントレー「フライングスパー」やメルセデス・マイバッハ「S600」などがあげられます。

ロールスロイス ゴースト外観_005
ロールスロイス ゴースト 新型プロトタイプ

キャッチした開発車両は、フルカモフラージュのためディテールは不明ながら、観音開き式「コーチドア」を引き続き採用、「ファントム」に似た薄型ヘッドライトや同社伝統である大型で平らなグリルを装備するはずです。

またAピラー以降トランクルームへ滑らかなルーフラインが見てとれることから現行モデルよりかなりスポーティなボディスタイルも予想されます。

ロールスロイス ゴースト内観_001
ロールスロイス ゴースト 新型プロトタイプ

新型ゴーストは、SUV「カリナン」と同じアルミニウム集約型アーキテクチャ「Architecture of Luxury」プラットフォームを採用、ボディの剛性や洗練性を改善、英国ウェスト・サセックス州で製造される予定です。また開発と検証プログラムの一部はBMWのR&D部門によって行われることが濃厚と伝えられています。

心臓部には、BMW「M760i」に搭載されている6.6リットルV型12気筒ツインターボエンジンが最有力とされ、最高出力は585psを発揮する。遅れてプラグインハイブリッドも予想されますが、4輪駆道システムを採用するかどうかは不明です。

キャビン内では、デジタルクラスタ、より大型のインフォテイメントスクリーン、ヘッドアップディスプレイ、最新のアクティブセーフティシステムを搭載します。ワールドプレミアは2020年内となるでしょう。

(APOLLO)