唯一無二のワイドボディ。どんなステージでもマルチに使えるWRX STI|カスタム

ドレスアップ・オーディオ・サーキット

SoundMaker’s × WRX STI VAB/2018年式/D型


独自のカスタマイズブランド「サウンドメーカーズ」を有するスーパーオートバックス羽村は、チューニング部門の柱としてスバル車に注力する希有な存在。
それを裏付けるように同店在籍のインストーラー友松氏は、愛車WRXを圧倒的存在のデモカーとして世に問うべく製作に取り組んでいる。

そんなVAB型WRXを類い希な存在へと昇華させるのは、完全にゼロから創造したオンリーワンのワイドボディだ。丹念にファイバーワークされたエアロは、前後バンパーからサイドステップ、そしてブリスターフェンダーまでミリ単位でモデリング。カスタムオーディオ製作のスキルをフル活用した造形美は、既成品に勝るとも劣らないフィッティングを見せつけている。


また、同車はオートバックスが取り扱うチューナーズブランドのアイテムも随所に採用し、車検対応の合法チューンでEJ20ユニットのポテンシャルを最大限引き出している。今後は内装とオーディオをコンプリートさせ、最終形態は2020年の東京オートサロン会場にて披露される予定だ。

パワーアップも”魅せ”も抜かりなし!


アルマイトレッドとブルーのパイピングが視覚的にも訴えかけてくるエンジンルームの全貌。


プローバのT-REVは適材適所をモットーとしてバッテリー手前部分にセットアップしている。


ROWEN『HEAT BLUE TITAN』マフラーで魅せて聴かせる。


前後バンパーからサイドステップ、果てはワイドフェンダーまで独自デザインのワンオフ品だ。


オリジナルディフューザーに組み込まれるリアフォグはヴァレンティの86/BRZ用。


巨大なウイングはボルテックスのタイプ4をベースに翼端板を製作。


ドットタイプのLEDが発光するテールランプはリベラルのHAYABUSA。


ボディサイドはオーバーフェンダーとサイドステップがお互いに干渉する複雑なデザイン。


「ふいるむ屋さん」が手がけるクリスタルレインボーフィルムは車検対応品とのこと。


余裕のブリフェンだから、ディープコンケイブ履き!
WORKエモーションCR2Pは11.5Jの極太サイズにワイドトレッドスペーサーを入れて装着している。

内装&オーディオはさらに進化予定


コクピットはまだまだ手つかず状態だが、Aピラー周辺を見るにあたり将来の方向性が垣間見られる!?


超伝導技術をフィードバックさせてスムーズな電流を生み出すICE FUSE(アイスヒューズ)を積極採用。

圧巻のワイドボディ


製作期間に1年を費やしたという世界に唯一のワイドボディキットは、全幅2000ミリをオーバーする超ド級にして意欲作。

ちなみに純正ボディは横幅1795ミリとのことなので片側10センチ以上の拡幅化を実現している。

また、デザイン面に関しても細部まで拘られている。

給油口のフューエルリッド部分だけが凹んでいるのは美意識的に許せない!! と専用の開閉式カバーを設えるほどだ。


ダブルドアの給油口!?

SPECIFICATIONS

  • WHEEL/ワーク・エモーションCR 2P(20×11.5J+48)
  • TIRE/ブリヂストン・ポテンザS001(305/25)
  • EXTERIOR/エアロ(F/S/R/ワイドフェンダー、アンダースポイラー)=サウンドメーカーオリジナルワンオフボディキット、リアウイング=ボルテックス・タイプ4、テールレンズ=リベラル・HAYABUSA、リアフォグ=ヴァレンティ(BRZ用)、ドアミラーウインカーレンズ=アベスト、ルーフ=カーボンラッピング
  • TUNING/車高調=テイン(バネ=スイフト)、ロベルタカップ、ECU&T-REV&スタビリンク=プローバ、マフラー=ロェン、エアクリーナー=ブリッツ、インテーク=AVO、クールエアインテーク=ゼロスポーツ、タワーバー=オクヤマ、ブローオフバルブ=トラスト

SA羽村/サウンドメーカーズ 友松仁司さん

SA羽村のインストーラーとして腕をふるう傍ら、愛車WRXのカスタムに情熱を捧ぐベテランカスタマーの友松氏。

SHOP
**スーパーオートバックス羽村**
tel.042-555-5101
URL:https://www.sa-hamura.com

**サウンドメーカーズ**
URL:https://sa-hamura.com/soundmakers/

スバルスタイルvol.003より

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]