クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D」搭載車が国内累計販売50万台を達成。国内の2台に1台はマツダ車になる計算

■2012年〜2019年9月までの累計で50万558台のSKYACTIV-D搭載車が日本で販売

マツダのクリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D」搭載車の国内販売が2019年9月末時点で累計50万台を超えたことが発表されました。

欧州に比べてディーゼル乗用車の比率が少なく、ハイブリッド大国だった日本の自動車市場にクリーンディーゼルの風を吹かせるべくSKYACTIV-Dが登場したのは2012年2月、初代CX-5に2.2Lの「SKYACTIV-D 2.2」を搭載したのが始まりです。

以来、日本におけるクリーンディーゼルの代表的エンジンとしてSKYACTIV-Dは存在感を増していきます。現在は、デミオ(現在のMAZDA2)に搭載された SKYACTIV-D 1.5、CX-3のマイナーチェンジで登場したSKYACTIV-D 1.8と合わせて3つの排気量が設定されています。搭載モデルはCX-30、CX-8、CX-5、CX-3、MAZDA6、MAZDA3、MAZDA2といった具合に、ロードスターを除くマツダの全乗用車(軽自動車を除く)となっています。まさに、マツダを支えるパワーユニットです。

CX-30 クリーンディーゼルエンジン SKYACTIV-D1.8
CX-30 クリーンディーゼルエンジン SKYACTIV-D1.8

マツダの発表によれば、SKYACTIV-D搭載車の販売数推移(マツダ調べ)は次のようになっています。

2012:28,875台
2013:45,379台
2014:48,815台
2015:103,771台
2016:73,566台
2017:69,286台
2018:80,671台
2019:50,195台 ※1〜9月

これで合計50万558台というわけです。ちなみに、同時期の日本におけるクリーンディーゼル乗用車の販売台数は96万1683台(自販連調べ)ということですから、なんとクリーンディーゼル乗用車の半分以上をマツダ車が占めるというわけです。

さらに年ごとの販売でいうと、もっともマツダ比率が高かったのは2015年。この年、市場全体のクリーンディーゼル乗用車販売は15万3732台でしたから、なんと3台に2台はマツダのSKYACTIV-D搭載車だったことになります。これは前年にSKYACTIV-D 1.5を積むデミオが登場したことが大きな理由と考えられます。

ディーゼルエンジンとしては低めの圧縮比である「14.0」を実現することで、そもそもクリーンな排ガス性能を実現するというアプローチが、こうした手の届くクリーンディーゼルを生んだといえます。ススの問題から近距離・短時間ユースにはマッチしないという欠点もありますが、日本の自動車ユーザーにクリーンディーゼルの魅力を伝えたのはMAZDA SKYACTIV-D最大の功績といえるでしょう。

SKYACTIV-Dバッジ
SKYACTIV-Dバッジ

(山本晋也)