XVを上げも下げもできる車高調! 名門プローバとオーリンズコラボ足。ベーシックパーツもスタンバイ|XV カスタム

SUBARU車“走り”のバージョンアップ

プローバ


約40年のキャリアを誇るスバル専門ブランド「プローバ」。
ノーマルをじっくり観察し、〝もう少しこうだったら良いのに〟というプラスαを実現するアイテムを開発している。だからプローバの吉田さんは「もしプローバが(アイテムを)出していなかったら、ノーマルで十分だと思ってほしい」と語る。必要なモノだけ製品化するワケだ。もちろん、用途によって必要になるパーツもあるが、そこはストリート、大多数を占めるだろう通勤快速派を意識し、アイテム開発を進めている。

XVはどうか? 乗り味で言うと、ノーマルは高速域は良いが低速域が固い印象。バネレートが高く、減衰ももう少ししなやか方が……。しかし、それだと高速域の良さが消える。そこで現在、その両立を目指した車高調を開発し、煮詰めている。純正アッパーの他、ピロ式も用意する予定で、別途ハイパコ製スプリングも選択できるなど、自由度の高さも確保している。話題のモーションコントロールビームなど、これからXV用アイテムも充実していきそうだ。


約50mmのローダウンでセッティングされたXVはプローバの営業車を兼任するデモカーとのこと。街中から高速走行まで、いろいろなステージを走っているので、それが商品開発にも反映されている。

スタイリッシュな車高で、スポーティに走る


固い足が好みの人なら十分な仕上がりかも!?
剛性を高めつつ余計な振動を減衰するMCB(モーションコントロールビーム)が付いていることも相まって、助手席に同乗させてもらうと、ストリートでも十分の乗り心地と感じられた。ただ減衰を柔らかめにしていたそうで、高速域だとどうか……。オーリンズ、MCB、T-REVと、プローバ製品は“出所”がハッキリしている点も特徴。


デモカーは50mmほど車高を下げたため、XV“らしからぬ”スタイリングになっている!? コレはこれでカッコ良いが、純正+10mmまで上げられるため、SUVらしいフォルムの構築も可能だ。


オーリンズDFVベースでセッティングを煮詰めている。様々な走行条件に対応する懐の深さを持つモデルなので、低速域と高速域をバランスさせる際にも最適。バネをオーリンズ標準品とすることで値段を抑える計画。

ライトチューンで走りを気持ち良く!

コールドフローボックス(吸気系)、T-REV、エンジン性能を引き出すスーパースポーツECU等を用意。一方、現在マフラーの設定はナシ。


純正ベース部を活用する、大容量化&吸気抵抗低減を実現するコールドフローボックス。下側にもエア取り入れ口を設定。


濾過性能を高めたオイルフィルター、調整弁圧を127kPaに設定したラジエターキャップ。強化バイパスバルブ、高性能クーラントも用意。


クランクケース内を減圧することでレスポンスアップ等の効果が得られるT-REV。ターボ車でも効果がある、とラインアップに加えた。

高級スーパーカー風の、エレガントモデルXV対応開始!


純正のエアバッグを移植できる、356φと小径仕様のステアリングは完成したばかり。真円ではない(底部がややフラット)が操作時に違和感を覚えない形状としたのもポイント。上質で滑りにくい素材(アルカンターラ)など、ディテールにもこだわり満載の逸品だ。


一千万円級の高級車の内装に用いられる合成スウェード・アルカンターラを使用。滑りにくいなど、操作性アップにも貢献。

SPECIFICATIONS

WHEEL&TIRE

  • ホイール/PROVA all eight wheel(18×8.0J+45)
  • タイヤ/ミシュラン(235/50)
  • ### SUSPENSION
  • 車高調/オーリンズDFVプロトタイプ

TUNING

  • カーボンインテークダクト:3万8000円
  • エンジンオイルフィルタ:2000円
  • T-REV:5万9800円
  • スポーツラジエタキャップ:2000円

INTERIOR

  • スポーツステアリング356R:5万9000円

入れた瞬間にその違いがわかる。出足がなめらかになる高性能オイル


現代のクルマは、標準で低粘度のオイルが入っている。しかし、ただ軽いだけでは……。プローバがこの度開発したオリジナルのオイルは、「入れただけでトルクフルになる。前に進めてくれる感じもある」(吉田さん)と体感できるオイルだという。そして、ただ軽く回るのではなく、粘り気もある。さらに、上までレスポンス良く回る(しかも燃費も良化!)というのだから気になる人は多いのでは? 5w-50と0w-30の2種類を用意していて、当然「水平対向ばかりでテストしている」そうだ。
エステルベースで5.1L缶もラインアップされるなど、スバル車乗りにとり、色々嬉しい&ありがたいオイルと言えよう。

PROVA αTurbo/αTouring ◇価格:5.1L=9800円


高回転まで使う人、峠を元気よく走る人やサーキットまで走る人にオススメなのが『αTurbo』。ハードな走りにも安心の性能を持つオイルだ。


全体的なレスポンスアップ、低フリクション故の燃費性能の良さが魅力の『αTouring』。街乗り派にオススメだが、ターボ車に入れてもOK。

問:プローバ
tel.045-591-5501
URL:http://www.prova.co.jp

スバルスタイルvol.003より

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]