メルセデスF1、ブラジルGPでの戦略ミスを悔やむ「ハミルトンをピットインさせたのは間違いだった」

 メルセデスF1のテクニカルディレクターを務めるジェームス・アリソンは、第20戦ブラジルGPの終盤、セーフティカー導入のタイミングでルイス・ハミルトンをピットインさせたチームの判断は「まったく愚か」で「初歩的な過ち」だったと語った。

 ハミルトンが、トップを走るマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)を追撃していた終盤戦、フェラーリのセバスチャン・ベッテルとシャルル・ルクレールが同士討ちによりリタイアとなり、セーフティカーが導入された。

 そのころメルセデス陣営では、ハミルトンの担当レースエンジニアであるピーター・ボニントンが無線でタイヤの状況を尋ねるとともに、今ピットに入ればポジションをひとつ下げることになると伝えていた。

 ハミルトンはいったん「(ピットインするかは)そちらで決断してくれ」と返答した後、ためらいながらも「入るよ、入る」と付け加えてピットレーンに向かった。

 アリソンはレースを振り返り、チームがハミルトンに対してピットインで失うであろうポジション数を不正確に伝えただけでなく、その決断をハミルトンに委ねたことも間違いだったと述べた。

 ハミルトンは、この最後のピットインでアレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)とピエール・ガスリー(トロロッソ・ホンダ)に抜かれて、順位をふたつ落とした。残り2周、ハミルトンは後方からガスリーを抜いて3番手を取り戻したものの、その前を行くアルボンに接触したことで、レース終了後に5秒ペナルティを受けて最終順位を3位から7位に落としている。

 メルセデス代表のトト・ウォルフが不在だったブラジルGPでチームの指揮を執ったアリソンは、「その時点までも素晴らしいとは言えなかったレース展開のなか、我々は愚かな判断を下してしまった」と説明した。

「新しいタイヤへの交換と引き換えに順位をひとつ下げても、それを問題なく取り返したうえで、さらにトップを狙えるだけのラップ数は十分に残っていると考えていた」

「だが、そうではなかった。ガスリーを考慮に入れていなかったことで順位をふたつ下げたことに加え、コース上のデブリの量も見誤っていた。セーフティカーは我々の想定よりもずっと長く周回したのだ」

「今思えば、その日は十分速いとは言えないようなマシンで戦っていたのに、優勝を狙って無理をしすぎるという初歩的な過ちを犯した。マシンの調子が良くなかった状況で、我々は判断ミスをしたんだ」

 アリソンは、失敗に終わった最後のピットインについて、決断したハミルトンに責任はないと語った。

「我々の目論みがうまくいかなかったのだから、これは完全に我々の責任だ」

「あれが正しいことかどうか、まったく見えていなかった。可能性があると考えていただけだ」

「ルイスの意見も聞いてみようと考えた。だが、彼に正確な情報を与えていなかったのだから、聞くべきではなかったのだ」

「落ちる順位はひとつと伝えたのに、実際はふたつだった。それに、そもそも決断は我々自身がすべきだった」

「レースをするのが好きな彼としては、ピットに飛び込む前に1、2秒ほど悩んでいる様子だった。だがこれは我々のミスだ」

「決断の瞬間から、我々は祈るような気持ちになっていた。彼がピットボックスからガスリーの後ろに出たあと、『自分たちは何をやっているのだろう』と自問せざるを得なかったよ」