「SPOON NSX-R GT改“マカオGP”参戦記〜知られざるマカオGPの世界〜」前編【公道爆走王世界一決定戦in2008】

「SPOON NSX-R GT改“マカオGP”参戦記〜知られざるマカオGPの世界〜」前編【公道爆走王世界一決定戦in2008】

エンジンは絶好調! でもサスセッティングが…

11月13日(木):練習走行

FREE PRACTICE

地下駐車場の一角に広がるアンダーグラウンドな世界

ドライバーやメカニックといったチーム関係者やオフィシャルスタッフ、それを取り巻く多くの観客でにぎわうパドックとは実に対照的。ロードスポーツチャレンジへのエントリーチームは、蛍光灯もまばらな地下駐車場の一角がピットとしてあてがわれ、スタッフたちは練習走行に備え、黙々とマシンの最終チェックを行っている。

その光景を見る限り、多くの人が頭の中に思い描くであろう、マカオGPの華やいだ雰囲気を感じることはない。ただ、かつては非合法な存在とされ、いまでもパワーや速さを求めるには手段を選ばないチューニングカーにとって、明るい陽射しを浴びた地上のピットよりも、少しばかり薄暗い地下駐車場のほうが似合っているのも事実だ。すでに準備を整えたスプーンNSX-R GT改の姿も、そこにあった。

午前9時、オフィシャルがやってきてパドックへの移動を促すと、各マシンが一斉にエンジンを始動。ストレートマフラーから吐き出されるさまざまなトーンのノイズが、コンクリートで閉ざされた空間に反響する。耳が痛い…。そのあとやってくるのが、今どき珍しいくらい目と鼻に突き刺さる刺激臭だ。チューニングカー好きなら、そんな状況に高揚感を覚えずにはいられない。

隊列をなした猛者たちが、光の降り注ぐ“地上の舞台”に向かってゆっくりと動き始める。いよいよ、マカオGPロードスポーツチャレンジの幕が開けるのだ。

本戦に向けて変更を受けたのがこの2点。ひとつはホイール&タイヤで、SSRタイプC RSにアドバンスリックが組まれる。サイズはフロント240/640R17、リヤ250/660R18。

また、サイドミラーも空力特性に優れるGT500用に交換。「幅があるから意外と見やすいよ」と市嶋サン。

最終テストのままの仕様でサーキットとの相性を確認

練習走行は午前9時40分から10時10分までの30分間。スプーンNSX-R GT改は日本を出発する直前に行ったツインリンクもてぎでのテストから、大きな変更を受けた箇所はない。今のままのセットアップがギアサーキットにマッチするのかしないのか? 練習走行でそれを判断し、セッティングの方向性を見極められればイイ。

コースオープンと同時に、パドックから本コースへと勢いよく飛び出していくマシンたち。全車のコースインを見送ったあと、プレスルームのモニターで各マシンの走りをチェックする。

圧倒的かつ安定した速さを見せつけるのは、唯一2分40秒台(平均速度135〜137km/h)で周回を重ねる2台のランエボ。スプーンNSX-R GT改はモニターでもわかるほどピッチングが激しく、思うようにペースが上がらない。9ラップ走り込んでのベストは、トップから38秒遅れとなる3分18秒台(平均速度110km/h)に留まった。さらに、ロードスポーツチャレンジは排気量で分けられた3クラスのマシンが混走しているため、ラップタイムの差は大きく、トップと最下位では1分近くもの開きがある。

練習走行を終えてピットに戻ってきた市嶋サンにマシンの状況を聞いてみる。

「エンジンはパワーが出てるし、よく回ってくれるし、まったく問題ないよ。ただ、サスペンションは思った通り硬くて、路面がバンピーなギアサーキットではクルマが跳ねちゃう。コースはストリート、でもタイヤは入力の大きいスリックだから、普通のストリート用サスよりもバネレートは上がるはずなんだけど、クローズドコースで路面の状態もイイもてぎであわせたセッティングは、やっぱりココでは合わなかったか…」とのこと。

また、「タイヤが浮いてるのがファインダー越しにわかるんですよ。ブレーキングポイントでは毎周フロントがロックしてるし」とは、メルコヘアピンの進入で撮影していた小林カメラマンのコメントだ。

グリップ力を高めるため前後ともバネレートを落とす

「走行時間が短く、セッションの途中でサス交換作業などができないので、一度コースインしたら、とりあえずそのまま走り続けるしかない。ココではある意味、そういう割り切りというかあきらめも必要なんですよ」とスプーン城本メカ。

そこで、練習走行を終えたマシンがピットに戻ってきたところで、サスセッティングを変更することになった。まずバネレートは、もてぎでセットアップしてきたフロント26kg/mm、リヤ30kg/mmから、手持ちで最も柔らかい18kg/mm、20kg/mmへと大幅にダウン。重量配分の関係から、フロントが柔らかく、リヤが硬い…という基本的な前後バランスを崩さないのが大前提になる。

バネレートが低くなった分、車高が落ちることを見越して、スプリング交換と同時にダンパーロワシート位置を15mmアップ。1G状態での車高をスプリング交換前に合わせて、アライメント変化を抑えるわけだ。

また、11月半ばだってのに、マカオの気温は25度前後とかなり高め。走行中は車内が暑くなってたまらない…という市嶋サンのリクエストに応えて、城本メカが導風ダクトを追加した。

市嶋サンいわく、「明日の予選でセッティング変更の方向性を見て、決勝を迎えることになるよ」とのこと。自信に満ちたその言葉から、予選で大幅なタイムアップを果たすことは間違いなさそうだ。

FREE PRACTICE結果

※クラスは排気量によってA=3500cc以上、B=2000〜3500cc、C=2000cc以下に分けられる。また、過給機付きはガソリンエンジンで1.7倍換算、ディーゼルエンジン(今回はエントリーなし)で1.5倍換算となる。