最高出力384hp! ABTスポーツラインがアウディ S6/S6アバントのチューンプログラムを発表

最高出力384hp! ABTスポーツラインがアウディ S6/S6アバントのチューンプログラムを発表

ABT Audi S6 Avant

ABT アウディ S6 アバント

S6サルーンとアバントに加えてS7スポーツバックにも対応

フォルクスワーゲンやアウディのカスタマイズを展開するドイツのチューニングブランド、ABTスポーツライン(ABT Sportsline)は、アウディのスポーツモデル「S6/S6アバント」のチューニングプログラムを発表した。

今年デビューを飾った新型S6シリーズは、3.0リッターV型6気筒直噴ターボディーゼルTDIエンジンに電動コンプレッサーを組み合わせることで最高出力349hp(257kW)&最大トルク700Nmを発揮。従来のV8やV10ユニットを凌駕するパフォーマンスを手にした。ボディタイプはセダンとアバントの2種類をラインナップする。

0-100km加速タイムは5秒を切る俊足に

ABTスポーツラインお得意の「ABTエンジンコントロール(AEC)」をTDIエンジンに装着することで、最高出力は384hp(282kW)に向上、最大トルクも760Nmというスペックを実現した。

エンジンのパフォーマンスアップによって0-100km/h加速は5秒を切っており、アバントはベースの5.1秒から4.9秒にまでタイムを短縮。ボディ重量の軽いサルーンモデルはさらに速いタイムが記録可能だとABTのエンジニアは胸を張る。

また、このエンジンのアップグレードキットは、同じパワーユニットを搭載する「S7 スポーツバック」にも装着することが可能だ。

レーシングカーのようなアピアランスの「DR」ホイール

エクステリアに関しては「ABTリヤスカート」をサルーンとアバントに装着可能。ABTスポーツラインでは現在ボディ全体に及ぶ空力パーツを開発中とし、近々そのメニューが発表される予定だ。

ABTスポーツラインが推奨するホイールは、写真のモデルにも採用されているブラックの21インチ「ABT DR」。細いフィンタイプを採用してサーキットで活躍するレーシングカーのような趣を持つ。この「DR」はS6/S6 アバントに加えて、S7 スポーツバックへの装着も可能だ。