ついに姿を見せた新型スバル・レヴォーグ! 新デザインコンセプトで大胆に変身【東京モーターショー2019】

■新型レヴォーグはエンジンやアイサイト、シャシーも新世代に進化

SUBARUは、2019年10月23日から11月4日まで開催される第 46 回東京モーターショー2019にて、新型「レヴォーグ」のプロトタイプが世界初公開されました。

アンヴェイル
スモークに包まれて登場した新型レヴォーグ。

新型レヴォーグは、SUBARUの誇る自動運転化の最先端技術を注ぎ込んだ、「誰もが自分の意思で、運転をどこまでも愉しめる未来」を実現したパフォーマンスワゴンです。

中村社長
中村知美社長によるスピーチでSUBARUのプレスカンファレンスは幕を開けました。

中村知美社長は、新コンセプトとして「believe 人生をよりよくできるクルマはきっとある」を掲げ、「スバルを信頼してくれているお客様に車づくりに対して、この信念を貫き通していきたい」と熱い思いを語りました。

スピーチ
プレスカンファレンスは大混雑でした。新型レヴォーグに対する報道陣の期待のあらわれでしょう。

新型レヴォーグの開発では、「クルマ の本質である運転を、心から愉しめる未来をつくること」「お客様の人生をもっと豊かにしていくパートナーであること」を目指したそうです。

また、「より遠くまで、より早く、より快適に、より安全に」というSUBARUの『グランドツーリング思想』をベースに、新世代SUBARUのシンボルとなるモデルとして位置付けています。

リヤビュー
新デザインコンセプト「BOLDER」を採用。

デザインは、SUBARUのデザインフィロソフィーである「Dynamic × Solid」を深化させ、それぞれの車種が持つ個性をより大胆に際立たせる新たなデザインコンセプト、「BOLDER」を市販車として初採用しました。

クルマを意のままに走らせる愉しさとともに、使う人の挑戦を後押しし、非日常的な体験を楽しんでほしいという思いが込められています。

ヘキサゴングリル
フロントマスクはより鋭さを増しています。

エクステリアは、ヘキサゴングリルの迫力あるフロントマスクに、これまでのモデルと比較してよりシャープな形状になったヘッドライトを採用しています。フォグランプ周りのデザインも刷新されたことで、より立体感が増したように感じました。

サイドスタイル
サイドビューではエッジの効いたラインが目を引きます。

サイドスタイルは、現行車とぼぼ変わらないシルエットですが、リアに向けて伸びやかに流れるラインと、エッジの効いた力強いフェンダーのコントラストがメリハリのあるボディを作り出しています。

コンセプトモデル
2018年3月のジュネーブショーで公開されたコンセプトモデル「VIZIVツアラーコンセプト」。

コンセプトモデルの「VIZIV ツアラーコンセプト」の未来的なデザインを忠実に引継ぎプロトタイプに採用しているあたり、筆者(スバルマニア)の予想をいい意味で裏切られた印象でした(笑)。

登場の様子をぜひ動画でもチェックしてみてくださいね!

バックスタイルやインテリア、エンジン、アイサイトなどの詳細も追って紹介しますので、お楽しみに。

(井元 貴幸)