「プロボックスにD.A.Dパーツを投入して個性派VIPカスタムへ!」テーマはエロラグ仕様!?

「プロボックスにD.A.Dパーツを投入して個性派VIPカスタムへ!」テーマはエロラグ仕様!?

DIYカスタムで追求する個性満点の“エロ・ラグ系”

 

絶版のムーンバンパーが個性を演出!

新車で購入したプロボックス・リミテッドカラーエディションは、なんとインプレッサWRX(GDB)からの乗り替えだったというオーナー。「マイナー車だけど、角張ったスタイルはイジればカッコよくなると確信できたから」と、カスタムベースとしての魅力に惹かれての選択だった。

やはり外観でまず目を引くのは、絶版のムーンアイズフェイズスリーフロントバンパー。現在はフルブラックで渋めにまとめられているが、以前はサイドにピンク~パープルのグラデファイヤーパターンのピンストライプ入りだったため、名付けられたのが”エロ・ラグ系カスタム”仕様。

そのイメージがいまでも色濃く表れているのが、カーテンにテーブル付きのインテリア。D.A.Dをはじめ、ラグ系ブランドパーツでまとめられたVIPメイクは、多くのプロサクカスタムの中でも異彩を放つ存在だ。極太ハンドルカバーまで装備したコクピットは、プロボックスというよりマイルドヤンキー仕様のミニバンって感じ!?

エンジンルームはムキ出しの配線類がDIY感満載。パワー系チューンはブリッツ製エアクリーナー程度で、タワーバーはヴィッツ用の流用だ。ヤンキーホーンのエアタンクの「ムラムラ」ステッカーがエロ!? 手間暇かけて張ったステンシル風ロゴもいい感じだ。

マフラーは純正社外に汎用マフラーカッターを追加。よく見るとかつてのピンストの名残をテールゲートのモール部に発見。おおっ、ナンバーカバーのロゴが「EROBOX」だ!

ワークの15インチホイールは冬場のスタッドレス用。通常仕様であるギャルソンの「ツェンレインBD」に205/40-17タイヤの組み合わせなら、さらにエロい外観になるはず!?

基本的にカスタマイズはDIYということで、家具用の保護ウレタンをエアロのアンダーモールとして使用するなど、独自のノウハウでコストパフォーマンスを高めるアイデアが注がれている。ほかにも遊び心たっぷりの隠しワザ的が、あちこちにちりばめられているのも面白い。

SPECIFICATIONS

■エンジン:ブリッツSUSパワー/純正社外マフラー+マフラーカッター ■足回り:F RS★Rベストi車高調(6kg/mm)/Rラルグス車高調 ■ブレーキ:リヤダミーディスクカバー ■内装:ステアリングカバー/シートカバー/ムーンアイズダッシュマット ■外装:ムーンアイズフェイズスリーフロントバンパー/純正サイドステップ、リヤバンパー/MJジャパンルーフスポイラー ■ホイール&タイヤ:ワークNEZART(6.5J×15+35)/ナンカンRUNSAFA SN-1(175/65-15) ■その他:ヴィッツ流用タワーバー/ヤンキーホーン