マルケス、変化激しい天候で「コンディションはわからないけど勝ちたい」/MotoGP第16戦日本GP 予選トップ3コメント

 MotoGP第16戦日本GPの予選がツインリンクもてぎで行われ、MotoGPクラスでフロントロウを獲得したマルク・マルケス、フランコ・モルビデリ、ファビオ・クアルタラロが会見に登場し、予選を振り返った。

■マルク・マルケス/レプソル・ホンダ・チーム(予選ポールポジション)

マルク・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)
マルク・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)

「予選ではトラックがミックスコンディションで、2コーナーだけ少し濡れていたけどほぼドライだった」

「もてぎでポールポジションをはじめて獲得することができたからとても嬉しいよ。そしてBMW・M・アワードも獲得できたからね」

「明日はタフなレースになると思う。コンディションはわからないけど勝ちたいんだ。一番ポイントになるのは路面温度と湿度で、それによってタイヤを選択しようと思う」

「FP1とFP2で別のタイヤを試したし、明日のウォームアップでタイヤを選びたい。コンディションに合うタイヤを見つけることが大事だ。ライバルたちがどのタイヤを選ぶのかも楽しみだね」

「他のチームはブレーキ温度が上がるみたいだけど、僕は上がらないんだ。僕はその問題は抱えていない。後半区間で厳しいところもあったけど予選はブレーキングは良かったよ」

「このコースではトルクを活用することができないからラップタイムを上げていくのが難しいんだ」

■フランコ・モルビデリ/ペトロナス・ヤマハSRT(予選 2番手)

フランコ・モルビデリ(ペトロナス・ヤマハSRT)
フランコ・モルビデリ(ペトロナス・ヤマハSRT)

「またフロントロウに戻ることができて嬉しいよ。今日はふたりとも速かったよね。もてぎのコースは紙でみるとヤマハには合っていないように見えたけど、走り出すとそんなことなくて合うと思ったよ」

「ウエットでもドライでも速かったから今日に関しては満足しているよ。いいポジションからのスタートで、明日はドライにおいても準備万端だ」

「2位でファビオより上だけど、ファビオが世界で一番だから勝つことができるとは思っていなかった。明日は頑張るし自分のポジションを守りたい」

「ヤマハの成長はファビオのおかげだと思うよ。彼はヤマハでこれだけ速く走れることを示したし、彼のおかげでみんなが成長しないとという気持ちでヤマハもいいパッケージを準備している」

■ファビオ・クアルタラロ/ペトロナス・ヤマハSRT(予選 3番手)

ファビオ・クアルタラロ(ペトロナス・ヤマハSRT)
ファビオ・クアルタラロ(ペトロナス・ヤマハSRT)

「フロントロウを獲れてとても嬉しく思っているよ。ドライで走った感触も今日のウエットの感覚も良かったんだ。何度か周回中にミスもあったけど、振り返ると良かったね」

「僕はヤマハのバイクでどのサーキット走っても気持ちよく走れている。コーナリングのアプローチとかブレーキングの相性がいいんだ。もてぎはトップスピードに関してはベストじゃないかもしれないけど、全体的にいいと思っている」

「明日のレースに向けては、タイヤ選択によると思うけど難しいかもね。昨日のウォームアップでいろいろなセッティングを試したんだ。明日は自信もあるし、何があっても頑張りいいレースをみせたいね」