ルノー・カングーに最強のライバルが出現!? MPVのプジョー・リフターは先進安全装備を満載【新車】

●1.5L直列4気筒ターボディーゼルと8ATのMPVが日本上陸

日常使いからオートキャンプ場まで幅広いユーザーから支持を集めているルノー カングー。同モデルは、輸入車のバン由来のMPV(マルチ・パーパス・ヴィークル)としては、市場をほぼ独占している感があります。

プジョー リフター
プジョー・リフター・デビュエディションのフロントビュー

そんな中、プジョー・シトロエン・ジャポンは、2019年10月18日(金)にプジョーの新コンセプトMPVである「RIFTER(リフター)」の特別仕様車「Debut Edition」を発表、翌19日(土)9時よりオンライン予約注文の受付を開始すると発表しました。

新しいプラットフォームの「EMP2」をベースに仕立てられたプジョー・リフターは、最新の1.5Lクリーンディーゼルと8速ATの組み合わせにより、高い省燃費性能と最新の先進運転支援システムを搭載。

MPVに求められる細部にまで考え抜かれた多くの収納スペースと、多彩なシートアレンジ、そして両サイドスライドドアなどの高い実用性を確保。プジョー・リフターは、ミニバンとSUVとワゴン、それらの長所をクロスオーバーさせて一台に集約させたとしています。

リフターは、2018年2月にジュネーヴモーターショーで発表されて以来、日本でも多くの関心を集めていて、コールセンターへの商品問い合わせの多くが同モデルの日本導入に関することだったそうです。

その期待に応えるべく、2020年Q3(第3四半期)に予定されている正式導入に先立ち、「RIFTER Debut Edition(リフター・デビューエディション)」として特別仕様車が先行発売されます。なお、「RIFTER Debut Edition」の納車は、2020年1月以降順次になります。

プジョー リフター
ガラスハッチを採用するプジョー・リフター

ボディサイズは、全長4403×全幅1848×全高1878mm、ホイールベースは2780mm。エクステリアデザインは、垂直なグリルの中央に配された新世代プジョーのグリルデザインが印象的で、ヘッドライト中央を縦に走る一条のLEDデイタイムランニングライトが精悍さを強調。

短いプロポーションは、水平方向に寝かされたボンネットと高いショルダーライン、短いオーバーハングのバランスにより整えられています。高いルーフには、ボディの一部として丁寧にデザインされたルーフバーが配され、キャリア装着などユーザーの多様なニーズに応えます。

リヤは、プジョーシグネチャーであるライオンの爪痕をモチーフとした3条のLEDラインのテールライトを両側に配した巨大なテールゲートが実用性とスタイリングを両立。テールゲートは、ガラス部分のみの開閉も可能で、利便性を向上させています。

プジョー リフター
プジョー・リフターのインパネ。お馴染みの「i-Cockpit」を採用する

インテリアは、プジョーお馴染みの「i-Cockpit」が採用され、クリーンなラインと視認性、安全性、ドライビングエクスペリエンスを高める内装に仕立てられています。

プジョー リフター
プジョー・リフターの前後シート。後席は3座席平等のシート幅が特徴

注目のシートアレンジを確認してみましょう。後席は、6対4の分割可倒式で、荷室の奥行きは、5人乗り状態で1m、2人乗り状態で1.88m、助手席を倒せば最長2.7mまで拡大可能で、長尺物に対応。容量は、5名乗車時でトノカバー下に597L、2列目を倒した最大積載状態では2126Lも確保され、現行プジョーで最大容積をもつ5008の1862Lを大幅に上回っています(容量はVDA欧州参考値)。

そのほか、リヤの両側スライドドアをはじめ、巨大なガラスハッチが採用され、居住性、積載性ともに高い実用性を実現。ポケッテリアも豊富に揃っていて、マルチパノラミックルーフの前端部分にもフロントルーフトレイを設けるなどユニークな収納も搭載されています。

プジョー リフター
助手席まで前倒し可能で、長尺物の積載に対応する

先進安全装備では、アクティブクルーズコントロール(ストップ機能付き)、衝突被害軽減ブレーキのアクティブセーフティブレーキ、レーンキープアシスト、ブラインドスポットモニターシステム、インテリジェントハイビーム、トラフィックサインインフォメーションなど、グループPSAの先進安全装備が用意されています。

そのほか、FFでも高い悪路走破性を実現する「アドバンスドグリップコントロール」なども用意された「RIFTERDebut Edition」の価格は3,360,000円。なお、パワートレーンは先述したように1.5L直列4気筒ターボディーゼルと8ATの組み合わせになっています。

(塚田勝弘)