清水和夫が動画で解説。「ヤリス(YARiS)」はトヨタがグローバルに活躍するための戦略車だ!【StartYourEngines】

トヨタ・ヴィッツは、Bセグメントのコンパクトカーの代表選手として約20年間その名で親しまれてきましたが、2020年2月頃には4世代目が登場(予定)! それに先立って行われたプレス発表会において、ほぼ量産型のプロトタイプが公開されました。ヴィッツ の欧州名「ヤリス(YARiS)」の名に改称され、大きな期待を背負ってリリースされる新型の解説を、国際モータージャーナリスト、清水和夫さんが動画で特別解説します。

ヤリス記者発表会
ついに登場、ヴィッツから「ヤリス」へ!

■プリウスから始まったTNGA、ヤリスから「GA-B」へと進化した!

●WRCヤリスに匹敵するGR仕様ターボAWDバージョンも出るハズ!?

「ヤリス」はセグメント的にはヴィッツの後継です。このクラスは日本のコンパクトカーの代表選手。従来、このクラスは値段や各地域により、いろいろなコンパクトカーを作らなければいけませんでした。

解説をする清水和夫さん
ヤリスはBセグメントの代表選手になるでしょう!

そこを今回、トヨタは思い切って切り分けをしました。ダイハツが仲間に入ってきたことで、ダイハツには新興国用のBセグメントのクルマ…おそらくタントのプラットフォームを使ってDNGA(ダイハツ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)で登場するでしょう。

トヨタのTNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)の考え方は、プリウスから始まりました。そこにはC-HRなども登場しましたね。そしてプリウスの1コ上、いわゆるCセグメントのひとつ上のクラスにカムリ…トヨタでは「Kプラットフォーム」と呼び、レクサスRX等に使われます。最近話題のRAV4もKプラットフォームですね。

ヤリスのカットモデル
コンパクトカー向けのTNGAプラットフォーム、GA-Bを開発、50kgもの軽量化にも貢献しています。

プリウスのCプラットフォームとカムリなどのKプラットフォームがあって、FR系のレクサスとクラウンのプラットフォームが出て、でもまだBプラットフォームが出てこない。いつ出るのか!? とずっと言われてきました。

Bプラットフォームは、世界のいろいろな工場で作らなければいけないことと、ダイハツとの関係…おそらく整理しなければいけないことがたくさんあったのだと思いますが、ソコをトヨタは上手く整理し、先進国用のBセグメントのコンパクトカーを、しかもかなり洗練されたクルマに作ろうということで、ヴィッツとは違った名称「ヤリス(YARiS)」という名前を投入したのです。

WRCヤリス
将来的には、WRCで活躍しているAWDのターボ仕様がGRとして登場することでしょう。

ヤリスと言えばWRCで大活躍しているラリーカー。おそらくこのモデルはメルセデスのAMGのような、トヨタのGAZOOチームがGRモデルとして、この市販車バージョンをベースにターボ+AWD仕様が後々、リリースされるハズ。

●縦溝(タンブル)を生み出し燃焼速度を上げる、F1ゆずりのエンジン

ヤリスは一番最後のTNGA最後出し(GA-B)ですけど、Bセグメント1番のベースモデルになるだけに、値段や性能含め今までとは違ったものをしっかり作るため、基盤技術を揃えていかなければいけませんでした。

そうそう! 重量が従来比50kgも軽量化されました。元々このクラスは軽いですから、大きいクルマで言ったら100kgくらいの軽量に匹敵します。そこは設計と生産技術で上手くやったのでしょう。

ヤリスで特徴的なのは、ボディですね。プラットフォームがまったく新しくなりました。

1.5L 3気筒エンジン
1.5L 3気筒のダイナミックフォースエンジン。F1派生の新技術による高速燃焼に期待!

もうひとつは、エンジン。高速燃焼という、縦渦の混合気の流れをガンガン作って、台風みたいにガ~ッと回して燃焼速度を上げる!という技術をやっていますが、これは80年代F1の技術で使われていたバルブシートに秘密があるのです。段差を無くすためにレーザーで溶射して作ります。この溶射の量産に成功したのが、技術のキーです。

この技術はすでに、レクサスのV6系から2.5L 4気筒、2.0L 4気筒で採用されています。このヤリスのエンジンは2.0L 4気筒を1気筒チョップして1.5L 3気筒にした高速燃焼タイプですね。アクセルに対する火の着きが良く、シュン!っていう感じにエンジンパワーが出るので、エンジン車でもハイブリッド車でも楽しいのです。

・CVTもシャキッと楽しく!

今までコンパクトカーでHV(ハイブリッド)というと燃費のために走りが犠牲になっていたようなところがありました。が、そこは基礎的なパワートレーンでしっかり燃費を稼ぎ、ドライバビリティをあげながらCVTも燃費のために…と、今まで制御をやってきましたけど、今回は「パンツのゴムが伸びたような!?」な~んて言われないようなCVTにしています。ですので相当、走りは楽しくなったんじゃないかな?と、最近のトヨタのクルマ作りから予想できると思います。

CVT
1.5Lエンジン用ダイレクトシフトCVTもシャキッと軽快、走っても楽しく進化しています。

パワートレーンとボディをいっぺんに変えるというのは、そうそう出来ることではありません。そういうところからも、名前をヴィッツからヤリスに変えたんですね。

●将来的な燃費規制と新ユーロNCAPも対応

細かく見ると右折時のプリクラッシュ技術や歩行者認知など、細かい予防安全技術がたくさん出てきています。

もうひとつ、2020年、ヨーロッパの衝突安全…厳しい50%のオフセット衝突が入るんですけど、そういう意味でもボディストラクチャーは衝突安全上もかなり高いレベルの性能を持っています。

ヤリスを斜め後ろから
リヤタイヤ周りのモリモリした形状がイイ感じです!

安全性とドライバビリティと環境性能、コストはまだ分かりませんが、ヨーロッパでは「ハイブリッド=トヨタ」なので、CO2=90gくらいですから、2022年くらいの燃費規制をクリアできると聞いています。

トヨタにとってはこのモデルはある意味、グローバルに活躍する非常に意欲的な戦略車だと思います。

もうひとつは、新興国用に作るダイハツが得意とする、DNGAプラットフォームで非常に安いコストで作れるクルマ作りとトヨタのヤリスとは切り分けして作る。その意味ではダイハツとトヨタの関係も明確になってきたな、という感じがしますね。

熱く解説する清水和夫さん
襟はヘロってますが、今度のヤリスはシャキットです!

2019東京モーターショーには、ホンダの「次期型フィット」も公開される予定です。このフィットも2モーター・ハイブリッドとなるので、トヨタ・ヤリスとの「ガチ勝負!」が期待できます。2019TMSではヤリスとフィット、必見ですよ!!

(解説:清水 和夫/アシスト:永光 やすの)

【清水 和夫 プロフィール】
1954年生まれ東京出身/武蔵工業大学電子通信工学科卒業

清水和夫プロフィール
いまだ現役のラリードライバーでもある清水和夫さんは、伝説のR〇R〇銀座支部メンバーでした(笑)。

1972年のラリーデビュー以来、国内外の耐久レースに参加する一方、国際自動車ジャーナリストとして活動。自動車の運動理論・安全技術・環境技術などを中心に多方面のメディアで執筆し、TV番組のコメンテーターやシンポジウムのモデレーターとして多数の出演経験を持つ。